ユウガッタ・レディオ

エフエムおのみち【79.4MHz】月~金 午後5時00分~O.A.



(月) 村田佳奈子



(火・水) 四辻由美子



(木) 大淵法子



(金) 原田真弓

« 中学生の夢 色々あります。ぜひ実現してね | TOP | 夏っぽい 夜編 »

戦没者追悼式及び平和記念式典で思ったこと

四辻由美子です。

 

昨日、夕方は、晴れ間もみえていたのに、予報通り雨。時折激しく降ったりしました。調子悪いカープですが、雨の中、何とか勝ちましたが、巨人強すぎ。仕方なく三位までに入って、下克上で日本一になりましょう。これは、夢でしょうか?

 

さて、話は変わって、昨日、尾道市主催の戦没者追悼式及び平和記念式典が向島の市民センターこころでありました。遺族会の皆さんの高齢化もあり、旧市町単位で行われていましたが、市主催として一本化して、初めての開催となりました。昨年開催予定でしたが、台風接近のため中止になっていましたので、今年も10号の接近もあり、気を揉んでいましたが、無事開催されて良かったです。

IMG_2478

 

司会をさせて頂き、市長はじめ、ご来賓の皆様の追悼の言葉に感動し、強く同感しました。特に、遺族会会長の言葉は、実際に8歳の昭和20年6月お父様の戦死の報が届いた時の生々しい場面を74年経った今も鮮明に語られ、涙が出そうでした。もう少し早く終戦を迎えていたら、ひょっとしたら会長のお父様の帰ったよと言う言葉も聞かれたかもしれません。それより、なぜ戦争をしなくてはいけなかったのか、回避する方法はなかったのかを、ずっと考える必要があります。県会議員は、94歳になるお母さまから、政治家は絶対に戦争をしてはいけないと言われていると語られました。政治家は、外交で戦争を回避しないといけません。そして、これからずっと日本が、世界が平和であるためには、若い人たちに戦争の悲惨さを伝えていかなければなりません。

小学生3人と中学生1人が代表して、作文を発表してくれました。彼らの戦争体験者の皆さんからの話を見聞きし、本などを読み、次の世代に伝える架け橋になると力強い言葉をもらいました。

 

世界的に、今危うい社会になってきています。私たちは、二度と戦争をしないんだ、させてはいけないんだと、言い続けなくてはいけません。

遺族会の皆さんだけでなく、多くの人たちに列席して欲しかったです。お話を聞かせて頂き感謝です。

カレンダー

2019年09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

最新のコメント

最新のトラックバック