ユウガッタ・レディオ

エフエムおのみち【79.4MHz】月~金 午後5時00分~O.A.



(月) 村田佳奈子



(火・水) 四辻由美子



(木) 大淵法子



(金) 原田真弓

« 気象庁によると3月から春 | TOP | 香川県へ »

新監督頑張って

四辻由美子です。

 

今日は、二十四節気の啓蟄です。色々な虫たちが出てくる頃ですが、虫が嫌いな私には、嫌な季節となります。

 

  さて、先日28日、私は今年も尾道高校ラグビー部の卒部式に出席させて頂きました。今年は、昨年とは違い梅本監督が岡山県の倉敷の高校に行かれるため、3年生だけでなく、梅本監督のお別れの場ともなりました。梅本監督との最初の出会いは、まだ、尾道高校が今の向島ではなく栗原の山の中にあった頃です。グラウンドで練習をしているところを訪ねました。畝本監督がリクルートした生徒が1年生から3年生まで揃ったら花園に出場したいと言われていました。

監督は、ラグビーだけでなく文武両道、しっかり挨拶もでき、ラグビーの精神、「One  for  ALL   ALL  for One  」1人は皆んなの為に、皆んなは、1つの目的の為に力を合わせる。つまり、それぞれがリスペクトし合って、助け合ってトライを目指そうという精神です。つまり、先生によると、困っている人を助けに行くスポーツなんです。その精神を徹底的に教え込んだ選手で花園を目指すと言われていた気がします。私は、ラグビーが好きでしたが、そのお話を伺って、よりラグビーが、そして尾道高校のラグビーが大好きになりました。その精神を汲んで、生徒の皆さんは卒部式で、将来、困っている人たちを助ける仕事をしたいと語っていました。次の監督は、高校、大学、そして、尾道高校の教師へと、ずっと梅本監督のそばで選手、コーチをしていた田中春助監督です。梅本監督の想い、教えをしっかり受け継ぎ、さらに田中監督自らの新たな戦略で新生尾道高校ラグビー部を率いてくださると信じています。

 

先ずは、3月末から始まる選抜に向けて頑張ってもらいたいです。梅本監督には感謝を、そして、新たな高校でも素晴らしいラグビー部を作って頂き、お互い切磋琢磨し、中国地区の高校ラグビーを大阪、福岡のチームに負けないチームに育てて欲しいと切に思います。本当に18年間ありがとうございました

カレンダー

2019年08月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

最新のコメント

最新のトラックバック