ユウガッタ・レディオ

エフエムおのみち【79.4MHz】月~金 午後5時00分~O.A.



(月) 村田佳奈子



(火・水) 四辻由美子



(木) 大淵法子



(金) 原田真弓

« 花の名前の漢字に浪漫を感じちゃいます | TOP | 猛暑日 »

『 灯台150周年記念 航海の安全を願う灯台巡りクルーズ 』

こんばんは  (⌒∇⌒)ノ"☆
大淵法子です

 

 


先週の「おのなび情報局」でお話いただいた尾道観光協会・おのたびツアーのひとつ

 


『 灯台150周年記念 航海の安全を願う灯台巡りクルーズ 』

 

 

_20180821_145307

 


ツアーのみどころは

 


・尾道の街並み(千光寺公園展望台)から見える灯台をご案内します


・尾道海上保安部のご協力のもと実施します。保安部の職員が同行し、ご案内します


・普段は上陸することのできない百貫島と小佐木島へ上陸し灯台の中へ入ります(希望者のみ)


・海上からは因島大橋、灯台、灯標などをご覧頂きます


・昼食は、弓削島で海賊むすびを中心としたメニューになります


・島と島の移動は、チャーター船を利用します

 


などです(o⌒∇⌒o)

 

 

どこの灯台もオススメですが

国有地の百貫島は灯台しかない無人島

行ける機会は滅多にないと思います

昔の面影も残っていて興味f深いです

(島=山、という感じの島ですので、歩きやすい靴・服装で!)

 


灯台は尾道駅前からでも見ることができるのですが、見慣れて身近、親近感は持つものの、風景の一部になっていました

 

 


ですが、昨年、尾道海上保安部さんの灯台点検に同行させていただいて、間近で灯台や灯標を見て、明治から今も現役で活躍していること・灯台の光は世界共通であることなどを教えていただきその歴史を想像すると、もっと多くの人に知ってほしいと思いました

 

 


というのも、今、全国的には灯台は廃止の方向に進んでいるから
( GPSが普及したことや歴史のある建物だけに今のままでは耐震基準に問題があるなどの理由だそうです )
港町や航路から灯台の風景がなくなるなんて考えたこともありませんでした

 

 


近くで見ると思うより小さな灯台たちでしたが、灯台の歴史を思いながらそこからの景色を眺めると、昔の人が海の向こうにはせた夢や希望の話が実感できるような気持ちにも(*´ω`*)

気になられた方、ぜひご覧になってみてください

カレンダー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

最新のコメント

最新のトラックバック