ユウガッタ・レディオ

エフエムおのみち【79.4MHz】月~金 午後5時00分~O.A.



(月) 村田佳奈子



(火・水) 四辻由美子



(木) 大淵法子



(金) 原田真弓

« 野球がお休みで、テニスを楽しんでます | TOP | 贅沢なひととき »

映画 『 光 』 上映会

こんばんは(*・∀・)ノ☆
大淵法子です。

 

 

先週の日曜日、ユウガッタレディオ金曜日担当の原田真弓ちゃんと、福山市のシネマモードで行われた河瀬直美監督の映画『光』の上映会に行ってきました。

 

 


この映画、雑誌などで取りあげられた記事を読んで気になっていたんです。
行きたい人いないかなぁ…観れないかなぁと思っていたので、嬉しい((o(^∇^)o))

 

 


しかもこの日は、主演の永瀬正敏さんの舞台挨拶もあり、映画館はほぼ満席。

 

DSC_2960


永瀬さんは視力を失っていくカメラマンを演じられていました。

尾道(8/12~シネマ尾道)や福山での公開は少し先なので、ストーリーは内緒にして…

 

とてもリアリティーのある映画だと思いました。

それから、人の強さや弱さ

ヒロインが映画の音声ガイドの仕事をされていたことから、視覚障害者の方の想像力の豊かさ・言葉と想像力の関係性(言葉が想像力の邪魔をする場合)についても描かれていて
色々考えることができました。

 

 


視力を失うって想像もできない怖さですが、それを初めて想像したのは、子どもの頃に網膜剥離という病気の名前を知ったときだったと思います。


病気について聞いただけでも怖くて、目を瞑って想像してみてまた怖くなって。。
でも、それは目を開ければとりあえず終わることができる

 

 


もう何年も前ですが、清水寺  随求堂の胎内めぐりを体験したことがあります。


これは随求堂の地下の真っ暗闇の中を数珠を頼りに進んでいくもの。

(願いが叶うとも言われているようですが、それはまぁ置いておいて)

 

本能的な、暗闇への恐怖
その中自分ひとりではほぼなんにもできない無力さの実感
暗闇の中でいろんな事を考えました。


出口ではいつもとは比べものにならないくらい眩しく感じる光


現実の光も心の中の光も、とても有り難いなと痛感しました。

 

 


ちなみに、永瀬さんは舞台挨拶の中で『永瀬さんにとっての光とは?』の質問に『観客の皆さんでしょう。観ていただかないと僕たちは映画を作れない』と答えられていました。

 

DSC_2976


そして、その言葉を表されるかのように、舞台挨拶最後にサプライズが!!

 

もともとこの日は永瀬さんのご厚意により舞台挨拶中の写真撮影OKで、それだけでもスゴいと場内が沸いていたのに

永瀬さんが出口で見送ってくださるとのアナウンス  Σ ゚Д゚≡( /)/エェッ!


『スゴいね!!』『もしかして握手とかできたりしちゃう??』『いや、それをしてたら終わらないんじゃない(笑)』と来場者みんなが口々に話しながらに出口に向かうと。。。

 


握手のうえ、写真撮影にも応じてくださっていました゚+。:.゚(*゚Д゚*)゚.:。+゚

 

それはみんな撮りますよね~~☆

 

私も原田真弓ちゃんもしっかり撮っていただきました(*>∀<*)

カレンダー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

最新のコメント

最新のトラックバック