ユウガッタ・レディオ

エフエムおのみち【79.4MHz】月~金 午後5時00分~O.A.



(月) 村田佳奈子



(火・水) 四辻由美子



(木) 大淵法子



(金) 原田真弓

« 眠られない日々が続きそうです | TOP | お気に入りドリンク »

尾道の歴史

こんばんは(・∀・)ノ☆
大淵法子です。


先週のユウガッタレディオ木曜日は尾道出身の小説家・森岡久元さん ↓ をゲストにお迎えして

 

DSC_2890


その日の午前中に行われた尾道市立大学の公開講座『尾道学入門』や幕末の尾道で起きた『ええじゃないか騒動』についてお話を伺いました。

 

FB_IMG_1495891686543

(画像は森岡さんのFBページより)


幕末の尾道を舞台にした歴史小説を執筆されている途中で、調べているとあちこちに興味深い出来事があり寄り道ばかりしていると笑って話されていました。


そんななかで出会われたもののひとつがこの『ええじゃないか騒動』だそうです。


教科書で『ええじゃないか騒動』というものがあったことは習いましたが、まさか尾道でも起きていたとは。。


番組の中ではその一部だけをお話いただいたのですが、本当は何倍ものお話を教えていただきました。


歴史の教科書に載っている事柄や人物のサイドストーリーというか、もっと日常生活に密接したことなど興味深いお話ばかり。


盛り沢山すぎてそのうちのどのお話が本になるのかはわかりませんが、
早く製本されて世にでるのを待つばかりです((o(^∇^)o))


そしてお話を伺いながら思ったことは、江戸時代の終わり頃の尾道というのは、調べようと思えばまだ手がかりが残っているんだ!!ということです。


( もちろん相当な努力と森岡さんのようなひらめきの才能が必要ですが )

 

ただ、まだ手がかりが存在しているのが今この現在だと思うと、今のうちに調べなきゃわからなくなってしまうのでは!?と変に焦った気持ちになりました(´▽`;)ゞ


5月20日に放送された『ブラタモリ』のようにこれからも尾道の歴史がもっと取りあげられるといいな♪


そして森岡久元さんの新刊を楽しみに待ちつつ、既刊本、戦後の尾道が舞台の『尾道渡船場かいわい』や『尾道物語』その他を読んでみたいと思います。

啓文社に置いてあるそうです☆

行ってみよ~~(*´∀`)

カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

最新のコメント

最新のトラックバック