ユウガッタ・レディオ

エフエムおのみち【79.4MHz】月~金 午後5時00分~O.A.



(月) 村田佳奈子



(火・水) 四辻由美子



(木) 大淵法子



(金) 原田真弓

« 今日はカープ絶対に勝って黒田200勝だ! | TOP | 指先までお手入れ »

祇園祭

こんばんは☆
大淵法子です。


尾道の三大夏祭りのひとつ、久保八坂神社の祇園祭も6月25日に行われ、夏本番が近づくようになると、各地で祇園祭の名前を聞くようになりますね。


祇園祭、私が尾道以外で行ったことがあるのが

京都の八坂神社の祇園祭(7/1~30)と

博多の櫛田神社の祇園山笠(7/1~15)

(*^▽^*)


無病息災を願って行われるお祭り。
この時季に体調を崩しやすかったりするのは昔から変わらないんですね。

 

他にも京都の祇園祭と博多の祇園山笠の共通点のひとつが、きゅうりを食べないこと。
(京都生まれの友だちいわく、すべての人がそうするわけじゃないそうです。祇園祭、1ヶ月続きますしね)


なぜきゅうりを食べないのか?

一番根強い説としては「きゅうりの切り口が神紋と似ているから」というものだそうです。


その逆に、お祭りの時しか食べられないものもあります。

そのひとつが、お祭り期間限定のお菓子(*^▽^*)

京都は山鉾それぞれの限定のお菓子を出されていたりして、種類もたくさん。

 

以前、祇園祭に行った時、菊水鉾の限定お菓子、黒糖風味の琥珀かん『したたり』を買おうとしたのですが、その時はスゴい行列で諦めました(((((((・・;)
でも今は通年販売されています。

そんな風に通年販売されるようになってきたものもありますが、販売期間・場所が限られていたりしてなかなか出会うことのないもの、いろんな種類のお菓子が祇園祭にちなんで作られています。


で、博多はというと、まず私が近年出会ったことのあるお菓子が祇園饅頭。

 

DSC_0084

 

DSC_0086


ご神紋、きゅうりの切り口にも見えますね(*^^*)

 

DSC_0085

 

この他にはどんなお菓子が…と検索していて、今は無くなってしまった博多の定番お土産だったらしいお菓子を発見!

 

名前そのまま『博多山笠』というお菓子。

「山笠のあるけん博多たい!!」というCMで有名だったようで、今でもこのCMはYouTubeで見ることができました。

そのほか、このお菓子について色々調べていると、ホイルに包まれた餡入りのバターケーキとの説明が…

 

あれ?そんなお菓子、覚えがあるかも…

 

販売されていたのが2009年頃までのようなので、いただいたことがあったんでしょうね。
少~し遠い記憶ですが、でも1度や2度じゃないです。
博多の定番お土産だったんですもんね。

なくなってしまったんだ…
なんだか残念(´;ω;`)

 

思い出しているうちに、小学生くらいの夏の色んな思い出が思い返されて、懐かしいような切ないような気分になってしまいましたf(^_^;

カレンダー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

最新のコメント

最新のトラックバック