ユウガッタ・レディオ

エフエムおのみち【79.4MHz】月~金 午後5時00分~O.A.



(月) 村田佳奈子



(火・水) 四辻由美子



(木) 大淵法子



(金) 原田真弓

« ゆっくり過ごす時間 | TOP | 毎日汗だく・・・ »

「せち焼き」と24歳の夏

柿原裕子です。
 
この前、家で「せち焼き」を作ったの。
 
「せち焼き」って知ってる?
 
「せち焼き」とは、和歌山県御坊市の名物焼そばを、小麦粉を使わずに卵だけで固め、お好み焼き状にまとめたもの。
(昭和30年頃)に、和歌山県御坊市のお好み焼き屋さんで生まれた食べ物だそう。

 もともと、駄菓子屋だったお店で、鉄板焼きを始めて、お客さんに

 

「やきそば、卵でせちごうて」

との注文を受けて作ったのが始まりで、いつの間にか、御坊の名物とも言われるまでになったそう。

 因みに「せちがう」とは御坊弁で無茶苦茶にする、いじめるなどというような意味で「せち焼き」の語源はここから来てるんだって。

私はこの「せち焼き」を24歳の夏に初めて食べて今回はそれ以来。

御坊市は友人2人の出身地で短大の時の仲間2人で遊びに行って、この「せち焼き」を食べに連れてってもらったんだ~。

まさに今流行のB級グルメよね。

 

この「せち焼き」を食べながら、24歳の夏を思い出した。

私たち4人は白浜海岸に遊びに行ったんだけど、白浜は若い男女の出会いの場って言うかナンパの名所。

遊びまくった私たちも24歳・・・そろそろ最後の夏だよね~なんて言いながら、肌を焼いたり、ビーチバレーしてたら、 それはそれは次々と声を掛けまくられるの。黄金時代よね。(笑)

彼らの目的は夜!

「なぁなぁ、夜一緒に花火せえへん?」

「う~ん・・・。どうしよっかなぁ~。」

なんて言いながら、合格点の男の子のグループには一応待ち合わせ時間と場所を約束するの。

ただし、それぞれのグループと時間は一緒。場所は別々の所で設定して、みんなで「最終的にどのグループが良かったか?」話し合って、 決まった場所に行くという。

まぁ私たちも悪いけど、男の子たちも同じような事やってたんじゃないかな?

夜一緒に花火して、どの子がタイプかなんてキャァキャァ言って、連絡先交換して・・・。

今も夏になると海ではそんな事が行われてるんだろうか?

「せち焼き」を食べながら、そんな若かりし夏の1ページを思い出しちゃったわ。

あの時の仲間もみんな今では主婦でお母さん。

久しぶりにメールでもしてみるかな?

 

カレンダー

2019年09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

最新のコメント

最新のトラックバック