ユウガッタ・レディオ

エフエムおのみち【79.4MHz】月~金 午後5時00分~O.A.



(月) 村田佳奈子



(火・水) 四辻由美子



(木) 大淵法子



(金) 原田真弓

« 2011年02月 | TOP | 2011年04月 »

2011年03月31日

桜便りその2

藤井優希です。

番組におつき合いいただきありがとうございます!

 

今日は、潮風・ユウガッタ続けての番組ということで、大変でしたが……

来週からも、木曜日は続けてお届けすることになるので、どうぞよろしくお願いします。

 

さぁ、今日も尾道市内を色々と歩いて、桜の様子を見てきました。

とっても良いお天気で、山道を歩くと汗ばむくらいの陽気でした。

 

まずは、尾道城から、千光寺公園に向かう辺り。

さくら1

日当たりが良いのか、ちらほら咲いています!

 

千光寺公園内の枝垂れ桜。

さくら2

だいぶ、咲いてきましたね。

 

続いては、天寧寺の枝垂れ桜。

さくら3

こちらも、5部咲きくらいでしょうか。

 

西國寺も行ってみました。

山門

満開になると、この門から桜が見え、まるで額縁のよう。

遠目に見ても、すでに、うーっすらと、ピンク色ですね。

さくら4

近寄って見ると、少し咲いている枝もありましたが、まだまだです。

 

明日もお天気が良いみたいですし、今週末辺りには、開花宣言が聞けるでしょうか?!

 

来週もまた、尾道の桜の様子お届けします。

桜土手や、向島辺りも回ってみようと思います。

おすすめの桜スポットがあれば、ぜひ教えて下さいね♪

では、来週もよろしくお願いします。

2011年03月30日

一服の清涼剤

木蓮の花が今にも咲きそうです。私はこの木蓮の花が大好きです。 初めてこの花を見た時の私の言葉を母はこの季節になると嬉しそうに話します。『お母さん!枯木に花が咲いているわよ!』そうこの言葉。 枯木に。今考えると、木に咲く花は概ね葉は花が散ってから出てくる場合が多いので、そんなに不思議ではないのですが、ただ、 木蓮の花は大きいので、当時はそう思ったのでしょうね。ほとんど花に興味がなかった頃の私が、突然言った言葉に母も驚いたことでしょう。 実家の庭にも少しずつ花が増えてきました。梅に連翹、山茶花から水仙、沈丁花、 今玄関の横にはこごめ桜が可愛い小さな白い花を咲かせています。そして、華やかな木蓮が加わろうとしています。年齢を重ねたからでしょうか、 花の事が気になるようになりました。避難場所にも花が活けてあると心が休まるのでは。殺伐とした中に一服の清涼剤になるかもしれませんね。

2011033014580000 

2011033014590000

 

2011年03月29日

早く被災地にも春がきますように

昨日の暖かい陽気でそろそろ尾道の桜の開花も近いのではないでしょうか。開花を待ち遠しく思うのですが、ただ、 震災で被災された皆さんのことを思うと、素直に待てないのも確かです。ただ、被災地にも桜はきっと咲くでしょう。その桜を見て、 心なごんで頂ければ幸いです。
 あの11日から18日が経ちました。なかなか進まない支援に本当にイライラします。あの原発の事故さえなければ、 復興に向けてもっと素早く動けたと思うと本当に悔しい。もちろん原発によって、私たちは電力の恩恵を受けているのももちろん分かっています。 それにしても、どうしてこうも後手後手になっているのでしょう。 こんな化け物のような原発に原始的な手段でしか対応できないのかと不思議で仕方ないです。 テレビに出ている世界のトップを走っている研究者の皆さんの説明がどうも説得力がないのです。直ちには大丈夫です。じゃ、 時間が経てば危ないですってこと?東電の会見もどうして夜中に?その会見もテレビで全部放送しないし、 ネットのユーストでライブ中継を見ているとこんな説明でこの危機を乗り越えられるのかとより不安になるし、 一体この国はどうなってるのかしら?
 BSで世界のニュースを見ている方が、今の日本の状況を端的に報じていて分かりやすい。官房長官の会見もやたらに謙譲語と丁寧語だらけで、 結局何が言いたいのか良く分からない。これじゃ、特に原発被害を受けている被災者の皆さんに申し訳ないでしょ。そして、 この福島原発からの放射能物質がアメリカの東海岸でも観測とアメリカの報道が伝えていたよ。おいおい、 早く何とかしないと世界にばらまいてるよ。そんなところまで行ってるとなると、日本中全部ですよ。 こんなに危機管理が出来ていなかった日本にかなりショックを受けているのは私だけじゃないですよね。

 

2011年03月28日

遅咲きの水仙の花

夜寝る前にちゃんと髪を乾かさずに寝てしまい

朝、前髪が思いっきりオンザ眉毛になっていた

かなちゃんこと村田佳奈子です。

 

甥っ子君が「なっちゃん、かわいいねぇ~」と

頭なでなでしてくれました。

わかめちゃんもビックリ?!な前髪でした。

 

さて暗いニュースが続く中、身近で嬉しいことが

ありました。

私が借りている駐車場なんですが、3年ぶりに

水仙の花が咲きました。

元々はご近所のおじちゃんが使っていた場所

だったのですが、そのおじちゃんが亡くなって

しばらくしてから良かったら使いますか?って

そこのおばちゃんから声をかけて頂き借りる

こととなりました。

で、おばちゃんから

「ここには水仙の球根があるからね~」って

言われていましたが毎年春に緑の葉っぱは

ニョキニョキ伸びてきてても花が一つも咲かず

?なんでだろう?と思っていました。

ところが、今年とうとう白い蕾がついて花びらも

ちょこっと開きはじめたのです~。

 

水仙の花1

 

水仙の花2

 

水仙の花3

 

多分、おばちゃんがこれまでちゃんと愛情こめて

お手入れされていたのに私になって愛情が少々

足りなかったのかも・・・と反省しています。

だけど、蕾を見てたら「この日まで一生懸命

力を蓄えていてくれたんだ、頑張ったね~」

って思いました。

 

人もそうですね、辛くて中々前に進めない時も

あるかもしれないけどただ立ち止まるのではなく

次への一歩のためにエネルギーを充電する。

そうしてまた歩き出す。

少しくらい遅れても平気だよね。

また元気満タンになったら走ることだって

きっと出来るから。

 

新聞やニュースなど沢山の情報にふれながら

日々、気持ちが色々と変わっていくなかで

今日はそんなふうに思いました。

 

・・・・・今週のびりちゃん・・・・・

 

かなちゃんのお友達から内祝いを頂きました。

♪~文明堂のカステ~ラ~♪だったのですが

じゃじゃ~ん↓

 

内祝い

 

かわいい~~~~~っ♪

最近はこんな風にしてくれるんだね~。

ありがとぉ~(*^-^*) ニッコリ☆

 

ん?見づらい?縦にしてみよう。

 

縦にしてみました

 

ところで、このお名前・・・

エフエムおのみちとはご縁が深く感じるのは

びりだけではない気がする・・・ねっ、てんこさん☆

 

 

以上、かなちゃんとびりちゃんでした。

 

 

2011年03月25日

ラジオの力

柿原裕子です。
先週は、体調不良でお休みさせてもらいました。
スミマセン。。。
 
 
次々に入ってくる中国新聞の速報を読み続けた2週間前。
地震からちょうど2週間が経ちました。
 
「自分に何が出来るのか?」
とか、
大切な人を失った人はこれからどうやって生きていくんだろう?
とか、いろんな事を日々考えてます。
 
きっとみんな同じだね。
 
地震後、計画停電区域に住んでる弟の奥さんから電話がありました。
 
計画停電はとても不便だし、弟は朝6時前に出勤しないと間に合わなくなったけど、自分達が不便な分、 被災者の気持ちに少しでも寄り添えるような気がする事。
 
毎日、地震のニュースばかりを見て辛くなってしまった時、ふとラジオをつけたら「元気が出る曲特集」 をやっててパーソナリティーの声に元気付けられた事。
 
買占めをするつもりは無いけど、からっぽになった棚や店に並ぶ行列を見たら、不安になって焦ってしまった事。
 
いろんな話をしてくれたの。
 
地震の時停電になって、やっぱりラジオは必要!って思ったし、ラジオから流れる音楽や声に癒されたり元気をもらえる。
これだけはラジオの仕事をしてるお姉さんに伝えたかった。
って言ってた。
 
私も、ラジオの向こうにいるみんなを癒したり、元気を届けたり出来てるかな?

今日もエフエム尾道から流れる曲や声を聴いて、少しでも元気が出た。って思ってもらえたら幸せです。

 

2011年03月24日

桜便り

藤井優希です。

今日も、番組にお付き合いありがとうございます。

 

あたたかい地域からは、そろそろ桜の便りが聞こえてきましたね。

尾道は、今週末辺りから、開花予想。

ということで。

今日、千 光寺公園の桜の様子を見てきました。

やっぱり一番多いソメイヨシノは、まだまだ蕾でした。

蕾

でも、よーく見ると、ひとつふたつ咲いている花も♪

 

美術館から、千光寺の方に降りる途中、もう満開の木もありました。

早咲き桜

早咲きの桜でし ょうか。

 

小鳥、発見!!

早咲き2

 

 

共楽園横の桜。

きょうらくえん横

この1本は毎年早いんです。

 

アップで見るとこんな感じ。

横2

まだ、蕾も半分くらいありました。

 

観光客の方以外にも、お散歩している方も結構いました。

本格的なお花見が出来るのは、もう少し先でしょうが、だんだん満開になっていく様子を、お散歩がてら、見て回るのも楽しそうです。

 

それでは、来週もよろしくお願いします。

 

2011年03月23日

尾道大学卒業式の司会をさせて頂いて・・・

春なのに寒い朝でした。尾道でも最低気温が0度。お彼岸の中日が過ぎてもなかなか暖かくならないですね。ただ、 春のお花は次から次へと花を咲かせています。尾道の桜は、今日の段階ではまだつぼみです。この寒さでなかなか開花しないかも知れないですね。 開花が遅くなるのは、それだけ遅くまで咲いているということで、それはそれで、ちょっと嬉しい私です。

 さて、今日は平成22年度尾道大学卒業式がしまなみ交流館で行われました。光栄なことに卒業式の司会をさせて頂きました。

 学部生・修了生合わせて332名が尾道大学を旅立ちました。彼らが育った小中学校時代はゆとり時代。オンリーワン時代、 競争は良しとしない教育で、全国では運動会も徒競走もなく、あっても一緒に走ったり、また、差が出ないようにあらかじめタイムを計って、 同じくらいのタイムの生徒を一緒に走らせたりと、そんな時代でした。丁度、我が子と同世代で、何だか私が育った時代とのギャップに驚き、 コレで本当に大丈夫なのかと危惧したこともありました。その後、バブルがはじけ、不景気がずっと続き、やっと回復基調にと思ったら、 リーマンショック、さらに、今回の大震災と就職活動は超氷河期を迎えてしまいました。卒業生代表は謝辞で、 こんな厳しい時代を経験してきたのだから、 きっと何事にも柔軟に適応できるのではないかとプラス思考で行きたいと述べていたのが印象的でした。

学長の告辞は、この厳しい時代に、京セラの創業者の稲森和夫氏の言葉を贈られました。それは、人生・仕事の結果=能力×熱意×考え方。 平均的な能力しか持たない人間が、偉大なことをなし得る方法はないものかという問いに稲森氏自らの体験通じて答えを出した物です。 能力と熱意は0点から100点まで。つまりずば抜けた能力を持たない人間でも熱意があれば、 どんなに能力があっても熱意がない人間よりもはるかに素晴らしい結果を残せるということです。 ここに足し算でなくかけであることに意味があり、考え方は、マイナス100からプラス100まであり、世をすね、世を恨み、 まともな生き様を否定するような生き方をすればマイナスがかかると言うものです。そして、自ら振り返って、 出会いや出来事は偶然がほとんどで、その偶然はチャンスとなる偶然も苦難や試練を背負い込む偶然もあるが、 チャンスとなる偶然を活かしながら真正面から立ち向かってほしいというようなこともお話しされました。 学生達はこの告辞をどのように聞いていたのでしょうか。

私は、彼らよりずっとずっとこの先は短いけれど、これからでも遅くない、実行していきたいと思いながら聞いていました。

 諦めないで、プラス思考で人生歩んでもらいたいと思いながら司会をさせていただきました。

おめでとうございます。

 

 

 

2011年03月22日

プロの仕事

連休中は彼岸湿気どおりのお天気になりました。しかし、今朝はお天気も回復して何だか久しぶりに青空を見たような感じです。 震災後テレビを見る機会が増えましたが、被災者の皆さんは大変な中にも、自治会などを作ったり、若者たちが一生懸命に手伝っていて、 皆さん最悪の状態の中でも前向きに、必死に生活されている姿に感動です。
私たちは、救助活動をされている皆さん、特に日本各地から派遣されて現地に行かれている消防隊や警察の皆さんの活躍も忘れてはいけません。 現場で救助作業や復興作業されている皆さんの声は体験者だけに本当にリアルで迫力があり心に直に伝わってきます。 尾道の消防隊の皆さんも震災の翌日に出発され救助活動をされています。会見や実際にお話を伺っていると、プロ意識をじんじん感じて感動です。 色々な会見がありますが、やっぱり現場で見聴きし、体験している人のお話は説得力があり、その場の光景が伝わってきます。 ありがとうございます。

2011032115120000
昨日は、しまなみ交流館のロビーで行われた尾道中学校・高等学校吹奏楽部スプリングコンサートに行ってきました。 会場に入りきれないほどの人で、芝生側の扉を解放して、外にも椅子が並べられていました。今年で3回目だそうです。顧問の半田先生が、 震災があって、大変な思いをされている人達がいらっしゃるのに、開催していいものか随分悩まれたそうです。 今でも開催したことが正しかったのか悩んでいると。ただ、自分たちでできることは何かを考え、 募金箱を設置しようということになったと言われてました。市長も教育長もいらして見守っておられました。 彼らの思いが伝わる心温まる素敵なコンサートでした。この温かい気持ちが被災地の皆さんの元に伝わりますように。

2011032114550000
音楽の力は素晴らしいです。全国の演奏家の皆さんはどうぞ被災地に出かけ、疲れた皆さんの心と体を素敵な演奏で癒してあげて下さい。 ラジオから流れる曲に感動して涙したという被災者リスナーさんの声をツイッターで読みました。生演奏でもっともっと元気をあげて下さい。 人に感動や元気をあげることができる演奏家は本当に素晴らしいです。私も出来ることから頑張ります。

 

2011年03月21日

はっさく大福

最近、頭に吹き出物ができてブラッシング中に

あまりの痛さに涙がちょちょぎれる・・・

かなちゃんこと村田佳奈子です。

 

毎日、心が痛む大地震のニュースが繰り返し

テレビやラジオから流れてきますがそんな中

昨日は嬉しいニュースがありましたね~。

9日ぶりに16才の少年と80才のおばあちゃんが

宮城県石巻市で助け出されたと。

本当に暗いニュースが続く中明るい希望の光が

差し込むような嬉しい話題です。

被災地の方々、また救助活動をされている方々

みなさんの大きな力になったことと思います。

本当に生きててくれてありがとう・・・

 

これからまだまだ長い道のり、

被災地が 日本中が 世界中が 1日も早く

たくさんの笑顔で溢れますように・・・

 

 

・・・・・今週のびりちゃん・・・・・

 

今日は観光客の方々で賑わう商店街の

“ ええもんや ”に行って来たよ~。

さすが、連休最終日で祝日でもある今日は

たくさんのお客様で賑わってたよ♪

「あっ、てっぱんだぁ~!」って子どもの声に

思わず、そうやで~写真もいっぱい飾って

あるんだよ~・・・なんて、言っちゃいそうでした。

 

で、びりの目的は・・・はっさく大福!

 

びりとはっさく大福

 

かなちゃんのお母さんが食べたことないって

急に言い出して・・・

かなちゃんは絶対食べたことあるはずって・・・

かる~く口げんか?になっちゃって (⌒_⌒;

平和だね~。

まぁ、美味しいから今日のお土産~ってことで

買って来ました。

どうやら、1晩たつとちょっと固くなるって?!

聞いたので今夜食後のデザートとして

出そうかな(*'-'*)エヘヘ

美味しい物を食べたらみんな笑顔になるもんね!

 

以上、かなちゃんとびりちゃんでした。

 

2011年03月18日

ピンチヒッターの四辻です

柿原裕子さんのピンチヒッターの四辻由美子です。
初めて金曜日を担当いたしました。
東北での大震災で、今日で1週間が経ちましたね。あの時、車に乗り込んでエンジンをかけて見た光景が目に浮かびます。
また、他国で地震かと思って見ていると、どうも様子が違う。しかし、これが日本だとしっかり認識できるまでに少し時間がかかりました。 それこそ、未曾有の災害。信じられないけど、現実だ。世界が日本人の冷静さと助け合う姿に感動しているそうです。 その一方でこの日本の災害で金儲けを考えている投機筋がいるとかで、異常な円高が進んでいます。 今朝のニュースでG7が円売り協調介入で少しは円安になったようですが。しかし、 人の不幸で金儲けをしようとする人達がいるということに本当に腹立たしいを通り越して、情けなくなります。
私たちの先人たちは、世界が驚くような戦後の復興や阪神大震災からの復興を成し遂げてきました。 日本はこの大震災から世界が驚嘆するような復興を成し遂げようではありませんか。それが、 被災されて亡くなった皆さんにできる供養の一つであり、人の不幸で金儲けをしようとしている投機筋とやらに対する怒りです。
被災された人達は、情報や物資のない中で、耐えながらもお互い助け合いながら生きておられます。 そんな皆さんが一日でも早く元の生活に戻れるように、私も出来ることから始めます。

 

2011年03月17日

笑顔

藤井優希です。

今日も番組におつきあい、ありがとうございます。

東北地方太平洋沖地震で、被災された方、そのご家族や関係者の方に、心からお見舞い申し上げます。

こういう時には、正確な情報を、どれだけ早く入手出来るか、そして、まわりの人とのつながりというのがとても大切ですよね。

1日も早く、たくさんの方に笑顔が戻ることを祈っています。

笑顔は、まわりに連鎖します。

それぞれが、出来ることを、少しずつやっていきたいです。

 

 

さて、尾道では、今日、市内中学校18校で卒業式でした。

中学生の皆さん、ご卒業おめでとうございます!

来週は、大学・小学校でも卒業式がありますね。

ここのところ、雪が降り寒い日が続いていますが、風邪などひかないように、気を付けてお過ごし下さいね。

それでは、また来週よろしくお願いします。

 

2011年03月16日

何とかしてあげて欲しい。祈る気持ちです。

今日はお昼頃から吹雪いてきて、真冬に戻ったような日になりました。そして、明日はもっと寒い朝を迎えるようです。 最低気温がマイナス2度です。マイナス2度で驚いていては、被災された東北の皆さんに申し訳ないです。
テレビで被災されて大変な中で、インタビューに答える人々が、必ず感謝の気持ちを述べていらっしゃるのを見て、頭の下がる思いです。 昨日は友人が募金活動を手助けしているので、私も出来る範囲でお手伝いすることにしました。阪神淡路大震災を経験している日本です。 被災者のために何が必要かは認識しているはずです。今、私の脳裏には、あの阪神淡路大震災の時の映像が浮かんできます。 テレビはかなり冷静な報道が目立ちます。被災者が必要としていることを、もっと声高に発してもいいのではないでしょうか。 テレビを見ていると、原発の報道で、被災者の不自由な生活があまり見えてこない。
原発は正確な情報と国民がどう行動すればよいのかを的確に伝えることが大事で、解説者による『あーだこーだ』の解説よりも、 今後の可能性を指摘して、国民がどう行動すべきかをしっかり伝えてほしい。屋内への退避で、外に出られないとなれば、 あらゆる不自由が出てきます。それをどう解決すればよいのか。そういったことも、しっかり伝えなければ、冷静にと言われても、 これ以上冷静にできないじゃないですか。
地震大国に原発がたくさんあって大丈夫なのかという疑問は、誰もが常に持っていたことです。予想を超えたと言われても、 その予想を超えたことをも考えて幾重もの対策がされていて、今のようなことが起こらなくて、初めて安全だと言えるのだと思います。 色んな原発事故があっても、それでも安全だと主張してきた政府、電力会社は、今は国民を助けるために正確な情報を発して、 今後どうすればよいかをしっかり伝えてほしい。
それにしても、これ以上の被災者を出さないために全ての叡智を結集してこの危機を乗り越えてほしい。

2011年03月15日

一刻も早い救助を切に願っています

まずは、先日の東北地方太平洋沖大地震で被災された皆様にお見舞いを申し上げます。
助けを待っておられる方々の一刻も早い救助を、そして、避難されている方々への救援を迅速に行って頂きたいと切に願っています。
私が今ブログを書いているこの時も、助けを求めている方、不自由な避難生活を送られている方がいらっしゃいます。また、 命の危険を顧みず必死で救出活動をされている方々がいらっしゃることに、今は祈ることしかできないことに申し訳ない気持ちで一杯です。
 どうぞどうぞ、皆さん頑張ってください。そして、たくさんの奇跡がありますように。

2011年03月14日

ひとりの力・みんなの力

テレビやラジオでで東北太平洋沖大地震の

情報を見たり聞いたりする度に涙が溢れて

しまう・・・かなちゃんこと村田佳奈子です。

自然の驚異、本当に怖いです。

 

今回の大地震と大津波では街と人が流され

本当に多くの方が亡くなりまた、未だ行方不明

の方々も多く被災地はもちろんですが日本中が

悲しみに包まれているみたいに感じます。

しかし、中には何日も海で漂流されていた方や

瓦礫の中で恐怖に打ち震えていた方が救出

されたという嬉しいニュースもありました。

こんな時だからこそ、希望を忘れず元気で

いてほしいと思います。

 

ここ尾道からも被災地の救助に向かわれた

方々がいらっしゃいます。

現地ではまだ余震も続き危険な活動になる

かと思われます。

どうか無事に家族の元へ帰って来て下さい。

 

恥ずかしながら、いつものほほんと過ごしている

私はこんな時、一体自分は何が出来るのか?

すぐに思いつきませんでした。

 

でも何か私にも出来ることがあるかも知れない

今すぐでなくても、いつか被災地の方々に

何かを届けることが出来るかも知れないと

思いました。

 

たとえ一人の力は小さくても、みんなの力が

集まれば大きな力に変わるはず。

そう信じています。

 

まずは、一人でも多くの人が無事であることを

祈りたいと思います。

 

 

・・・・・今週のびりちゃん・・・・・

 

被災された多くの方々にお見舞い申し上げます。

 

びりは今日、尾道市役所に行って来ました。

 

尾道市役所

 

放送でも言ってましたが義援金の受付が

始まったと聞いたから・・・

 

募金箱

 

ほんの少しだったけど何かお役にたてて

ほしくって・・・

びりも遠い空の下からですが、一日も早く

みなさんに笑顔があふれるようお祈りします。

 

以上、かなちゃんとびりちゃんでした。

 

 

 

2011年03月11日

地震

柿原裕子です。

今日は東北地方を中心に発生した地震の情報を中心にお伝えしました。

被害の状況が分かるにつれて、その大きさに驚き恐怖を感じます。

地震に対する準備、心構え・・・。

 

もう一度気を引き締めなければ。

 

そして、私達情報を伝える仕事に携わる者として、何が出来るか?考えた1日でした。

 

停電しても、ラジオは聴けます。

みなさんケータイラジオの準備はしていますか?

 

 

 

2011年03月10日

花粉症

藤井優希です。

いつも、番組にお付き合い、ありがとうございます。

番組の中で、花粉症、花粉症言っていたら、目が痒くなったり、くしゃみが出たり……

なんだか、頭の中が、黄色い感じです。

 

そんな花粉症の対策グッズがこちら。

対策グッズ

定番のマスクはもちろん、飲み薬・ソフトコンタクトレンズ対応の目薬・のど飴各種・トローチ・甜茶・空気清浄機。

大変、お世話になっています。

これに加えて、伊達メガネや、塗るタイプの薬、スプレーなんかもあります。

 

日本国内2000万人が、花粉症とのこと。

色んな食品や、薬の研究も行なわれているようです。

いつか、全く花粉症に苦しまない春が来ると嬉しいです。

 

それでは、また来週もよろしくお願いします。

 

2011年03月09日

今年の目標を追加しました。

今年も2カ月が過ぎ、3月も1週間が過ぎてしまった。今年の目標は何だったけ?今さらですが・・・・。

他人に優しく自分に厳しくだったかしら?いい加減な私です。昨年もそうでしたが、 今年も始まって3か月間ぐらいはバタバタ忙しい日々でした。しかし、皆さんも忙しい訳で自分だけ忙しいなんておこがましいですよね。まぁ、 今年の目標は頑張るとして、もう一つ目標を追加することにしました。しっかり本を読むことと、何でも見て聞いて、 自分で確かめることを心がける。これを追加しようと思っています。さぁ、どうでしょうか?この件については、今のところ上々のスタートです。

2011年03月08日

夜中の大救出劇

3月に入っても寒い日が続いています。特に朝は真冬のように霜が降りて冷え込んでゴミだしが辛いです。先日、 朝早いお仕事の方と話していて分かったのですが、朝日が上がる前が一番冷え込むって言われていました。朝早く出勤される方や、 夜勤等の方本当にご苦労様です。
 さて、ここ数日本当に朝の冷え込みは半端ではありませんでした、実は実家の娘猫が先週の火曜日から家に帰らず、 この寒さをどう凌いでいるのか皆で心配をしていました。何年か前に5日間帰って来なかったことがあったのですが、 またかと気をもんでいました。毎晩、外で、チロ、チロと呼んでみたり。ご近所の方や配達の方に、見かけたら教えて下さいと声掛けたり。
 チロが行方不明になってから4日目の夜10時半ごろ、外でチロ、チロと呼びかけていると、猫の鳴き声が聞こえてきました。 声を辿って行くと、鳴き声は、お隣の家の中から聞こえてきます。頭の中は、「どうしよう!こんな遅くにお隣さん起きてるかしら、 ご迷惑だよね。こんな遅くに声をかけるなんて非常識で迷惑だわ」と声をかけるべきかどうか逡巡しながら、チロの名前を呼び掛けているうちに、 「やっぱりこのまま朝まで待てない」と、電話をかけると、奥さんは起きていらして、家の中に入れてくださいました。夜中に他人様の家の中を、 チロチロと言いながら一緒に探している姿は本当に異様です。お隣の皆様に本当に感謝です。しかし、いくら探しても家の中にはいません。 そんな中、声がどうも床下あたりから聞こえてくるような。その位置がどうやらお風呂場あたりまで漕ぎつけたのですが、 お風呂の床下があるのかどうか、でもか細い鳴き声が聞こえたり途切れたり。床下には通気口があるので、 外から通気口を探して声をかけてみることに。ありました。お風呂の下に通気口が。どうやらこの通気口を通して声が聞こえてきていたのです。 奥さんが懐中電灯を持ってきて下さいました。居ました。居ました。おびえたような目をしてこちらを見ています。 親猫を兄が連れてきて安心させようとしました。お互い通気口の蓋を挟んで顔をつけて何か囁いているようです。多分、 「ここにいたのか心配したよ。もう大丈夫」とでも母猫は言ったのでしょうか。通気口は小さい空気穴があるステンレスの蓋がしてあり、 とてもその蓋をあけることは不可能です。
さてさて、どうやって助けるかが問題です。どこの通気口の蓋も周りのコンクリートに組み込まれていて取り外しは不可能です。そうなると、 畳をあげて、床に潜るしかない。と奥さんに告げると、2階で寝ていらしたご主人を起こして来て下さって、仏間の畳をあげて下さいました。 敷き詰められた板を外し、お風呂の方に向かって名前を呼び掛けると、怖々と注意深く私の方にやってきました。そして逃げられないように、 不意をついて手を握って抱き上げました。興奮しているので、必死に私から逃げようとするので、隣の家の中に逃げ込まれると困るので、 後の片づけは奥さんとご主人にお任せして、腕の中で暴れるチロを必死に抱えて、外に出て、実家に帰ってきました。夜中の大救出劇! お隣様に本当にご迷惑をお掛けしてしまいました。ご協力を頂き心から感謝です。しかし、お隣で良かった。
 しかし、どうやって入って行ったのかが謎なのですが、思い当たることとしては、お隣では、今改築中で、 昼間は大工さんが出たり入ったりされているのと、ドアが開いていることがあったりで、隙を縫ってはいったのではないか。改築なので、 床に入りやすい状況があったのでは。しかし、隣でなかったら、このまま気がつかないで……。なんて考えるとぞっとします。 お隣の皆様に本当に感謝です。ありがとうございました。お風呂の床下にいたなんて、 やはりここ数日の寒さに少しでも暖かいところを探してのことなのかな。良かった。良かった。

2011年03月07日

あの?!チョコレート

予定ではすでに確定申告が終わりホッと

しているはずだった・・・

かなちゃんこと村田佳奈子です。

みなさん、確定申告はお早めに・・・私も?!

 

さて先日、歯医者にお勤めの方から

チョコレートを頂きました!

そう、今年のヴァレンタインで話題になっていた

“歯医者さんが作ったチョコレート”

 

歯医者さんが作ったチョコ

 

気になって気になって仕方なかっただけに

めっちゃ感動しました。

気になるお味は・・・・・美味しい~~~っ☆

一般に市販されているチョコと変わらない!

後味にちょっとスッキリミントっぽく感じたのは

歯医者さんが・・・の名前のせいでしょうか(笑)

 

で、下さった方曰く 「歯磨きが終わって寝る前に

食べてもらいたいチョコ」 なんだとか?!

「本当にっ?!」と最初は信じていなかったけど

食べた後のあのすっきり感は・・・本当かも。

 

ヴァレンタイン用っていうか季節物かと思ったら

歯医者さんでいつでも注文出来るらしいです。

いやぁ~、みなさんもチャンスがあればぜひ

お試し下さいなっ。

 

ちなみに・・・

頂いた時の袋に名前が書かれていたのですが

 

シールも歯の形

 

よ~く見たら、シールも歯形になってて

かわいい~~~♪

本当に、ありがとうございました(*^-^*) ニッコリ☆

 

 

・・・・・今週のびりちゃん・・・・・

 

今日は市役所の斜め前?!にある

おのみち映画資料館に行って来たよ~♪

 

映画資料館前

 

雨上がりの太陽がまぶしくて・・・

細い目がより?!細くなっちゃうよ~(笑)

 

施設の前には古い?!映写機もあって

久々に見ると、やっぱり大きいなぁ~。

 

映写機?!

 

さぁ、なぜ久々にやって来たかというと・・・

現在、おのみち映画資料館特別展

「尾道ロケの魅力~松竹編」が開催中なのです。

映画の街、尾道らしい特別展だよね~。

今回は松竹映画に焦点をあて8作品を

スチール写真や映像で紹介してあったよ。

びりは古い映画について詳しくはないけど

桃井かおりさんや都はるみさん等知ってる

芸能人の若かりし頃の写真には思わず?

食いついちゃったなぁ~ププッ ( ̄m ̄*)

 

この特別展は4月11日(月)まで無休で開催される

とのこと。

みなさんもお出かけになってみてはいかが?

 

以上、かなちゃんとびりちゃんでした。

 

2011年03月04日

英国王のスピーチ

柿原裕子です。
アカデミー賞の作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞の4冠を達成した映画、
「英国王のスピーチ」を見てきたよ。
この映画は吃音(きつおん)に悩む英国王ジョージ6世が周りの人の力を借りながら克服し、国民に愛される王になるまでを描いた実話なの。
 
スピーチ矯正師との友情はもちろんだけど、王を支え励ます奥さんがホントにステキなの。
私もこんな妻にならなければ。。。
勉強になったわ。
 
人間の欠点や弱点って誰にもあると思うけど、こんな風に支えてくれる人が近くに居たら幸せだなぁ。
 
観てる私も知らず知らずのうちに、「王様がんばれ!がんばれ!」って手に汗握り、最後はやっぱり感動の涙がポロロロンと流れたよ。
 
最近では珍しい2時間を切るコンパクトな映画で、
「ああ。あと30分エピソードが観たかったな・・・。」
 
って所がちょっとだけ残念だったけど、主演男優賞のコリン・ファースの演技はやっぱり素晴らしかった!
 
私が行った日はレディースデイという事もあって、女性のちょっと年配の方が沢山来られてたよ。
ステキな時間の過ごし方だね。
 
そうそう!シネフクで、「シネマでぷくいち」でおなじみの藤井支配人に久々にお会いしたの。
「何だか、支配人の貫禄が。」
と言うと、
「ふけただけですよ~。」
って言われてましたが、ステキに年を重ねられてましたよ。
 
初めてお会いしてから、もう10年以上。
独身だった藤井さんも、もう2児のお父さんですもんね。。。
 
みんなもシネフクに藤井さんに会いに行こう!

 


 

F1001344

いよいよ明日から、「ドラえもん」の映画が公開!

パンちゃんのお弁当にドラえもんのおにぎりを作ってみたけど・・・。

どうも違う。

F1001347

これは「あんぱんまん」

鼻とほっぺは、ひなあられで作ってみました。

 

 

2011年03月03日

ひなまつり

藤井優希です。

今日も、番組にお付き合いいただき、ありがとうございます。

 

さて、今日、3月3日はひなまつり☆

みなさんのおうちでは、ひな人形飾ってますか??

私は、飾ってないのですが……

先日、鞆・町並ひな祭りに行ってきました♪

 

色んなおひなさまが、鞆の浦の町中に飾られていました。

 

人形はもちろん、道具も色んなものがあって、見ていて飽きません。

 

手作りのおひなさまもたくさんありました。

 

こちらは、はまぐりで作ったおひなさま。

 

ひなまつり

掛け軸になったものも。

 

ひなまつり6

坂本龍馬が泊まった場所も特別公開。

もちろん、おひなさまも飾られていました。

 

おひなさまだけでなく、町並みや、建物の中を見ることが出来るというのも魅力のひとつ。

素敵な雰囲気のお宅の中に、仮装?!をした、お侍さん??が!!

 

座敷に上がらせていただいて、一緒に写真を撮っていただきました!

 

一番上の段、分かりますか??

ひなまつり5

おひなさまから、私、顔を出しています。

こういう、顔出し看板?好きで、子どもに混じって、ついついやっちゃいます。

 

鞆以外でも、3月中旬あたりまでは、町中でおひなさまを飾っているところが、色々あるみたいですよ~。

 

それでは、また来週もよろしくお願いします!

 

2011年03月02日

あぁ青春!ユニーク旅

今日も朝からくもり空で冷えました。真冬に逆戻りです。日本海側は雪だそうです。先日は東京で春一番が吹いたばかりなのにねぇ。 しかし、庭では梅と山茶花の花にもう一つ花が加わりました。可憐な水仙です。着実にお花の数が増えて行きます。 そう着実に春が近づいているのですね。ただ、三寒四温で、一気に春にならないところが日本の良いところなんですね。


さて、先週からこの月曜日にかけ私は若者との交流で元気をもらいました。先週土曜日には二男の大学の友達が3人、 京都から自転車でやってきました。京都で中古の自転車、それもギア付きのママチャリを8400円で買ってやってきました。 2泊3日の自転車旅行です。明石と備前市に泊って、3日目の夕方福山に到着しました。 無事に着くまでの心配はもう我が子のことのように落ち着かず、今どこかしら?と京都にいる息子を経由して情報を得ていました。 「無事に福山に着きました」と携帯に連絡があった時は、安堵とともに疲れがどっと出た感じでした。(笑) 

到着で驚いたことは、彼らが自転車ではなくタクシーで現れたことです。何と福山に入って、自転車を中古屋さんに売ったとのこと。 今はスマートフォンを持っていればあらゆる情報を即座に得ることができるので、何でもできるのですね。おばさんは、まいったまいったです。 ほぼ同時刻息子はちゃっかり新幹線で帰ってきました。日曜日はレンタカーのワゴン車を借りて広島に。 後ろにでっかい男ばかり4人乗っているせいか、ワゴン車が5ナンバーだからか、 高速を走っていて登りになるとなかなか馬力がでないと嘆きながら主人が運転していました。

広島でラグビー観戦をした後、彼らは広島のお好み焼きを食べて、 京都から高級ワゴン車でやってきた友人と一緒に優雅に帰って行きました。 主人と私はすっかり軽くなったワゴン車で楽々ながら寂しく帰ってきました。4人の体重の合計は何キロだったんだろう。 気になって仕方ありません。しかし、片道の新幹線代より高い中古自転車でしんどい思いをし、帰りは友人の車で帰るというユニーク旅。 あぁ青春!私も学生時代に戻りたい!

 

2011年03月01日

尾道高校ラグビー部卒部式

今日から3月弥生。ここ数日暖かい日が続いていましたので、今日の雨が冷たく感じられました。

皆さん風邪引かないように!


今日は昨日行われた『尾道高校ラグビー部 第七期生の卒部式』をご紹介します。

今年で3回目の出席です。今年も卒部生の言葉を聞いて感動し、元気づけられました。
今年の卒部生は16名。そのうち一名は女子マネージャーです。

出席者は後援会の皆様、学校関係者、来賓、卒部生の保護者、役員の皆様、 いつも部員がお世話になっているトレーナーの先生や治療院の先生、ラグビースクールの人等です。

P2280013


まずは、卒部生の入場から始まり、開会の辞、来賓挨拶、乾杯と続きます。そして、祝宴に入ると、在部生のアトラクション。まずは、 在部生の一人が監督風に、卒部生を紹介するのですが、一人一人の特徴を端的に捉え笑わせてくれました。
それから漫才。よく練習をする時間があったねと思うくらい息の合った二人。また臆することなく演じるので、 プロの新人と言ってもおかしくないほど実に上手かったです。
アトラクションの最後は、1・2年生全員で てっぱんダンスです。そこに、3年生が乱入。3年生はさすがに上手い。 特にテレビでも踊っている彼らの踊りは表情豊かで魅せてくれました。ずっと見ていたかったな。

続いて、卒部生からの記念品贈呈では、製氷機が贈られました。これは、夏場に欠かせないものということで。体験から贈られました。

そして、もう一つ、大事なものが、トレーナーの保科先生から贈られました。『easy come  easy go』という言葉です。これは、「簡単に手に入れた物は、簡単に手の中から去っていってしまうんだよ。 でも苦労や努力をして得たものは、なかなか失わないよ。つまり、大事なものを手にするには、努力や苦労が必要である」 というなかなか味わいのある言葉です。この言葉をしっかり受け止めて、これからの長い人生を歩んでもらいたいと思いました。

そして、メインイベントへと移っていきます。梅本監督の言葉とともに、後援会からの贈り物(ネクタイ、写真にミニジャージー) が卒部生一人一人に田中コーチから渡されます。受け取る前に、卒部生から、 それぞれ3年間の思いとお世話になった皆さんへの感謝の言葉が述べられます。


卒部生全員の言葉を紹介したいのですが、時間の関係もありますので、一部紹介しましょう。
マネージャーの長山さんは、理学療法士を目指し医療福祉大学に進学します。また、 朝練習のために朝4時に起きてお弁当を作ってくれたお母さんへの感謝の言葉が泣かせます。『母を見て、私も将来は母のようになりたい』 あぁ母親冥利につきますね。

また、卒部生の中で、唯一就職をする岡田君は、3年間は怪我との戦いでした。特に脱臼癖があり、何と、花園での開会式の入場行進で、 腕を振りすぎて脱臼をしたという話には会場からも笑いが。
話下手の彼が就職の面接で失敗しないためにと、監督は岡田君をコンビニの店員に、自分をお客に見立てて、挨拶から練習をさせたそうです。 その甲斐あって、見事40倍の競争率を突破しJR西日本に決まりました。

また、誰よりも才能がありながら中々結果が出せない子もいました。彼は、花園での春日丘戦でのピンチは全部自分が作ってしまい、 次の試合では、怪我をしてもいいから身体を張って頑張ろうとタックルをしていったそうです。 元日の大阪朝鮮高級学校との試合でも身体を張ってタックル。キャプテンからナイスタックルと言われた時は、「嬉しくて涙が止まらなかった」 と振り返っていました。キャプテンを尊敬しているんです。

また、ある子は、レギュラーになった友のお母さんが喜んでいる姿を見て、自分がなれなかったのは、彼より努力が足りなかったからだ。 彼がレギュラーになって本当に良かったと心から思えた。と語りました。 悔しさを乗り越え人の喜びを自分の喜びのように感じることができた彼は、尾道高校のラグビー部で素晴らしい青年に成長したんですね。そして、 皆から与えられてばかりで、自分は何にも恩返しができてない。これからは、恩を返して行くような人生を歩んで行きたいとも。

ある子は、雑用して、何とかチームに貢献したいと思って頑張っていたら、試合に出られるチャンスが巡ってきた。何でも、 一生懸命していれば、いつかチャンスが訪れるのだと思ったと。また、同じ様に怪我で試合に出られず悩み、気持ちを切り替えて、 縁の下の力持ちで人を喜ばせることを学んだと語った子もいました。自分の活躍の場を与えて下さりありがとう。の言葉には、 18歳の子から教えられた気がしました。
また、文武両道を最後まで目指して、難関国立大学を受験した子もいます。今は結果待ちだそうです。

キャプテンの木村君は監督からもそして、チームの皆からも信頼されています。1回戦では、同点で抽選になった時、木村君は、 もし勝っても相手チームのことを考えて、皆で、喜びの感情をあらわさないようにしようと選手に伝えたそうです。そして、抽選で勝った時には、 誰ひとりとして喜びを表さず、彼らの分まで頑張ろうと誓い合ったと。監督も彼らの様子に、てっきり抽選で負けたと思ったと話されていました。 このチームは木村キャプテンのもと強い絆で結ばれているのが分かりました。
木村キャプテンが『将来、自分は困っている人を助けに行くレスキュー隊員になりたい』と言った時には、「本当に大した奴だ」 と監督は思ったそうです。

P2280014

レギュラーになることの難しさ、そして、なれなかった時の悔しさ、その悔しさをどうやって切り替えることができるか。
様々な葛藤乗り越えて、ラグビーの精神である“ノーサイド”だったり、“一人は皆のために、皆は一人のために”を得ることができるのだと、 改めて考えさせられました。

後援会からの記念品贈呈の後は在部生皆でいきものがかり『心の花をさかせよう』 の歌のプレゼントがありました。

次に、卒部生が保護者の席まで進み感謝を込めて花束を贈りました。
保護者の皆様は3年間の様々な思い出が走馬灯のように駆け巡ったのではないでしょうか。親元を離れての寮生活、 それに怪我がつきもののラグビーですから、それはそれは心配されたことでしょう。

その後、保護者代表の挨拶、閉会の辞へと続きました。
閉会の辞では、加納副市長が挨拶をされ、「創部時の新人戦からずっと夫婦で観に行っていますが、 当時は本当に花園に行くことができるのか半信半疑でしたが、今は安心して観戦できます。また、文武両道のラグビー部だからこそ、 尾道のラグビーを知らない皆さんも応援してくださる。文武両道の精神でこれからも頑張ってほしい」と結ばれました。

P2280018


最後に出席者の皆さんで花道を作って、卒部生の皆さんを見送りました。

私の隣の席に座っていらした しゃべる吟遊詩人ことローランド金田さんが、卒部式を 2時間半のノンストップ感動劇場と命名されました。
まさにその通りの涙と笑いの素晴らしい卒部式でした。「こちらこそ感動をありがとう」です。

 

カレンダー

2017年04月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

最新のコメント

最新のトラックバック