このブログは?

エフエムおのみちのスタッフが更新していきます。
尾道の出来事から、仕事のこと、スタッフの些細な日常など、雑多な内容でお届けします。
もちろん、番組やパーソナリティの様子など、エフエムおのみちのバックステージも紹介していきます。



« 2007年02月 | TOP | 2007年04月 »

2007年03月31日

花見シーズン到来

千光寺公園の桜の開花宣言も出され、いよいよ花見シーズンが始まりました。お昼頃、千光寺公園に行ってみると、 公園内の桜はまだこれからといった感じで、お花見にきていた人もまばらでした。来週末ぐらいがピークでしょうかね。

 hanami
まだ花見客はまばらな千光寺公園内

 その後、西國寺まで足を伸ばしてみました。ここもやはり咲き始めといった感じですが、 枝によってはたくさん花をつけているものもありました。満開が待ち遠しいですね。

DSC00555DSC00557
西國寺金堂前のと、 そこから見た旧市街地のようす

日本人は本当に桜の花が好きですね、昔は花に興味はなかったのですが、年を取るごとに自然の美しさなどを感じるようになりました。 どんどん欧米化が進む世の中ですが、この時期はあらためて日本人で良かったと思いますね。今日も尾道には観光の方がたくさん来ておられます。 先日、開業50年を迎えた千光寺山ロープウェイにも長い行列が出来ていました。家族連れや年配の方なども多いのですが、 最近ではオシャレな女性観光客をよく見かけます。非常に喜ばしいことですが、オシャレをするあまり、足下が尾道仕様でない方も多いようです。 尾道はとにかく歩いて観光するところですので、ハイヒールや踵の高いブーツなどは不向きですね、歩きにくそうで気の毒です。 これから尾道観光をお考えの方には、歩きやすい靴をオススメします。こうして久しぶりに古寺めぐりコースを歩いて、 お昼過ぎに家でご飯を食べました。おかずは母の作った煮しめでした。盛りつけてあったお皿には「春(?)は母の手のように肩にのる」 というサトウハチローの詩が書いてありました。

sara 
子どもの頃からあるこのお皿、何十年使っているのだろう・・・・

 

2007年03月25日

メンテナンス

週末にはたくさんの観光客の方がマップを片手に商店街を歩く姿を見かけるようになりました。考えてみると、3月ももう終わり。 学生さんは春休みになってるんですね。桜の開花も間近なようです。

25-03-07_1519さて、今日はエフエムおのみちのスタジオのメンテナンスの日でした。
メンテナンスは2カ月に一度、実施しています。そのうち年に2回は深夜メンテと称して、明け方近くまで、かなりしっかりとした点検をします。

今日は、通常のメンテナンスで日中のみでしたが、スタジオの音楽再生機やミキシング卓、 マイクやヘッドフォンから放送設備にいたるまでの保守点検と音声レベルなどの調整をしてもらいました。

メンテナンスでどこか故障や不具合が起きそうなところが見つかると、すぐに修理や修正などします。 ときにはメーカーに送って修理してもらうこともあります。今回は、特に不具合は見つからず、一安心でした。

2007年03月17日

水の恩人

あさって19日、尾道市の名誉市民・山口玄洞翁の春の彼岸法要が西國寺本堂で行われます。

山口玄洞という人は1863年、尾道に生まれ、大阪で商人として大成功をおさめたあと尾道市の上水道建設に多額の寄付をし、 尾道の水道事業の恩人として知られています。

尾道の中心市街地は埋立地が多く、地下水には海水が混じり、上水道が創設されるまでは飲み水に苦労していたそうです。当時、 街中に水売りの行商人が行き来していたということからも、それがよくわかります。市民の切実な願いであった上水道ですが、 当時の財政事情はとても厳しく、費用の大部分を市債で賄うしかありませんでした。ところが、 この事情を察した山口玄洞翁が費用の7割に上る多額の寄附をし上水道が完成。この寄附金は103万円で、 当時の大卒初任給が60円だったということから、いかに巨額の寄付だったかということがわかります。 仮に今の大卒初任給を18万円だとすると、103万円の3000倍ということで30億9千万円!

今では、水というのは蛇口をひねれば出てくる当たり前のものになっていますが、やはり大切にしないといけないですね。

2007年03月11日

ハイレベル?間違い探し

さて、今回はエフエムおのみちの

スタジオの中をお見せしちゃいます。

番組を聴きながら「どーなところで放送しょーるんかのぅ?」と

思っている方も多くいらっしゃると思います。

下の写真はパーソナリティーの目線から見た

スタジオの様子です。

スタジオ1

中央にある棒の先についている赤い電気は

生放送が始まると点灯します。

写真の右側に写っているのは、

CDやMDのデッキです。

それから左寄りの上の方にカメラがついていますが、

カメラ

これは、パーソナリティーがちゃんと番組をやっているか、

監視するためにつけています。

 

と、いうのは冗談で

以前は表に置いてあるテレビに

このカメラを使ってスタジオの様子を映していました。

 

それから下の写真はといいますと、ほぼ同じ写真ですが

約4箇所違うところがあります。

その内の1つは時間です。

上の写真と見比べて、残りの3つを探して遊んで下さい。

クリックすると写真が大きくなるので見やすいと思います。

 

スタジオ2

2007年03月04日

路地

昨日、初めて「丹花(たんが)小路」という路地を通りました。
学生の頃は自転車が主な交通手段だったので、暇と勢いにまかせて探検と称し、路地という路地を踏破したつもりだったのですが・・・。

ということで、久しぶりに探検です。

丹花小路は、長江口交差点のちょっと東、小児科の病院の脇にあります。

04-03-07_1741
ま あ、入り口からいきなり階段なので、自転車ではちょっと無理です。

04-03-07_1742
階段を上がると、立派な木の電柱がありました。

04-03-07_1743
さらに進むと、常夜灯です。その奥には井戸があります。
いきなり、尾道らしさ満載です。

  04-03-07_1744
井戸の拡大写真

04-03-07_1745
そこを少し下ると、あとは真っ直ぐ商店街まで抜けています。

04-03-07_1746

ここに出てきました。商店街側の入り口です。
ぱっと見、国道2号線まで繋がっているようにはみえません。


久々に路地探検を楽しみましたが、やはり路地というのは楽しいです。広い通りと違って、リアルな生活の匂いがします。それに、ちょっとしたときに抜け道を知っておくと便利です。

また時間があるときは別な路地の探検もしてみたいと思います。 Cool

 

2007年03月03日

誕生日で運命が・・・

この間立ち寄ったBARで

「誕生日大全」という本を読みました。

これは占いの本のようなもので

誕生日ごとに、性格・素質 隠された自己、

適性のある仕事、恋愛、友人・家族関係などが

書いてあるものです。

特に占い好きでもないのですが、

どんな占いをやっても、

大抵「当たってる」と思うことが多いので

今回も食い入るように見てしまいました。

感想としては・・・やっぱり結構当たってる

書店などにも置いているようなので、

みなさんもどうですか?

ただ、ものすごく分厚い本だけど

一人で見るには自分のページ(2ページ)ぐらいで十分なので

職場やパーティー会場など、

大勢で見る方が向いているかも知れませんね、

値段もそこそこしますし・・・

 

占いつながりでこういうのもありました。

img051 

一枚ひいてみたら、10点でした。

ちょっと画像では読みにくいですが

「君は百才まで長生きする」と書いてあります。

昭和の匂いのするイラストがたまりませんなぁ

 img050

カレンダー

2017年03月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ