このブログは?

エフエムおのみちのスタッフが更新していきます。
尾道の出来事から、仕事のこと、スタッフの些細な日常など、雑多な内容でお届けします。
もちろん、番組やパーソナリティの様子など、エフエムおのみちのバックステージも紹介していきます。



« 大掃除 | TOP | 丸山眞男とヒロシマ  ~ある新聞記事の感想~ »

トリ

最近、家の窓から見える鳥を観察しています。
今まではあまり気にならなかったんだけど、気にしはじめると異様に気になってきて、野鳥観察図鑑まで買いました。

季節柄、よく見かけるのは、メジロ、ヒヨドリです。もちろんカラスやハトも見かけますが、年中、そこら中にいますね。

いちいち鳥の名前を気にし始めて気づいたことですが、トリも種類によって鳴き方、木のとまり方など様々です。ヒヨドリはさえずりまくってせわしなく飛んでいるし、メジロはきれいな鳴き声でビワの花をつつきに来ています。小さいので余計にかわいらしい感じがします。それから個人的に渋いと思うのはツグミです。ツグミはよく見ないと気づかないぐらいジッとしています。ときおり辺りを見回しますが、ヒヨドリのやかましさにくらべるとなんだか哲学でもしてそうな雰囲気です。

しっかりと観察する時間がなかったので、 本当にそうだったかいまいち自信がありませんが、 アジロやジョウビタキらしき鳥も見かけました。それから警戒心が強く、 あまり姿を見せないウグイスを見たときはうれしかったですね。 「チャッ チャッ」という鳴き声はよく耳にするのですが、 あまり見かけることがありません。 ちなみに鳴き声は千光寺にある引っ張ると上から珠が一つずつ落ちてくる仕掛けの大きな数珠、 あの音にとても似ています。

実際に、まだ見たことはありませんが、尾道にはミミズクの一種「アオバズク」もいるみたいです。図鑑によれば「ホッ ホッ」と2度繰り返しながら、鳴くそうです。この鳴き声はこの夏、よく耳にしました。夜になると聞こえるのでフクロウか何かなんだろうなと思ってましたが、やっぱりそうでした。時折、民家のテレビアンテナなどに止まってたりするそうです。小型でハトくらいのサイズです。いつか見てみたいですね。

今まで気にすることのなかった鳥ですが、いろいろと調べて、気をつけてみていると身の回りにたくさんいることが分ります。名前をしらない時は、タダのトリ、あるいはコトリでしかなかったものが、名前がわかるとぐっと親しみがわいてきます。

近いうちに、いつでも身近に置いて、欲しいときにさっと取り出せるフィールドスコープ(単眼鏡)を買おうかなと考えています。 Money mouth

 

カレンダー

2018年02月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

アーカイブ