メイン

2009年09月23日

特集3 猫接写




あっというまにシルバーウィークも最終日。
連休中、尾道は人出も多かったですね。毎年、秋は日曜日や祝日などは賑わいますが、今年は何だか異様な盛り上がりでした。

明日から仕事という人が多いと思いますが、三連休特集の最後は、お疲れのあなたに癒しの猫スペシャルです。
尾道は坂のまち、映画のまち、猫のまちとして知られています。普段、何気ない生活で猫に遭遇することも多い。なので、この二カ月ほど、出会った猫を携帯電話のカメラで写してみました。あまり遠目に撮っても面白くないので、なるべく接近してとるよう心がけました。猫接写です。

 


新開の店先にて
店先にて.jpg

 

夜の商店街で
夜の商店街で.jpg

 

植木のうらから。
植木のうら.jpg

 

夜の商店街で再び
夜の商店街で仔猫.jpg

 

コンクリートで涼む猫
涼む猫.jpg

 

今気がついたけど、最初の猫と同じか?
この猫は・・・.jpg

 

クロという猫
クロとよばれている.jpg

 

電柱のうらから
電柱の裏に.jpg

 

堂々と歩くねこ
堂々と歩くねこ.jpg

 

今度はうずくまる。
うずくまる猫.jpg

 

また最初と同じねこ
また最初の猫.jpg

 

キツネみたいな白猫
しろねこ.jpg

 

拝むと願いがかないそう
地蔵みたい.jpg

 

振り向きざまに
見返り猫.jpg

 

こっちが気になる?
首を伸ばす.jpg

 

月夜に
月夜に.jpg

 

岩のうえにも
岩の上にも.jpg

 

寝る親子。親はスフィンクススタイル
親子.jpg

 

千日前にて
別の日の記事にもつかった.jpg

 

夜の商店街で。長毛種か
毛がフサフサ.jpg

 

排水口の中。心霊写真的。
排水パイプで.jpg

 

走る。
サササ.jpg

 

おすわりで見るねこ
おすわり.jpg

 

気性の荒い猫。怒らせたわけではない
シャーッ.jpg

出会った猫はなるべく収めようとしましたが、近づく前に逃げたり、いろいろ事情があったりと写しきれないのも多々いました。警戒心の強いノラは難しい。高性能の望遠でもあれば、もっといろいろ撮れたはずです。(そんなことをするほどのことでもないですが。)

尾道は港を中心に街が発展したせいか、猫が多いまちとして知られています。時にはフン害や夜うるさかったりして、いろいろと問題にもなりますが、猫が幸せに暮らしている町は、懐の深い豊かなまちのような気がします。

今回は夏だったので、ダラッとした猫が多かったですが、また出会う猫を接写していきたいと思います。

2009年09月22日

特集2 稲刈り体験



先日(20日 日曜日)に世羅町黒川上谷で行なわれたティナナのふれあい田んぼ教室『稲刈り篇』に参加しました。

 

この日は天気にも恵まれて、雲一つない青空。
汗ばむほどの陽気でした。

青空とトラクター.JPG

 

 

川や地下水には僅かに洗剤や農薬が含まれているということで、わざわざ高い所にため池を造って水を引いた田んぼは黄金色になり、美しい穂が実っていました。

刈り取り前.JPG

 

 

鎌の使い方の説明をうけて、端から刈り取りスタート。
自然のままの田んぼには、虫がいっぱい。

刈り取りスタート.JPG

 

 

刈り取り.JPG

 

 

昔ながらの干し方。木を組んでハゼボシ。

ハゼボシ.JPG

 

 

刈り取りのあとは、近くの精米施設で、お米の説明をうけました。
子どもたちも興味津々。

説明を受ける子たち.JPG

 

 

これだけ集まるとお米に見えない。

積み上げられたお米.JPG

 

 

そのあとは、お待ちかねのお昼ご飯。
世羅で穫れた新米にアスパラ。
ティナナで販売している漬け物などご飯の友たち

お昼ごはん.JPG

 

 

手作りのお味噌汁も付いてます。

セルフでサーブ.JPG

 

 

家族や友達同士でいただきます。

めいめいにいただきます.JPG

 

 

お昼を食べたら、トラクターで遊んだり

トラクターで遊ぶ.JPG

 

 

ドジョウを見たり、

P9200093.JPG

 

 

ドジョウ.JPG

 

 

そして、子どもたちが大好きな餅つきの始まり

子どもたち大好きの餅つき.JPG

 

 

取材に来ていたJA尾道市ベジタさん
(ママブランチ 金曜日に出演)も飛び入りで。

お馴染みのベジタさんも.JPG

 

 

もちろん、子どもたちも。

もちろん子どもたちも.JPG

 

 

つきたてのきなこもち

きなこもち.JPG

 

 

倉庫には、大型の農機具が。

農機具.JPG

 

 

農機具.JPG

 

 

そして、そのあとは虫取り。おや?その帽子は?

虫取り.JPG

 

 

自作のカエル帽子をかぶった、せら夢公園のいきものハカセ

サカナくんならぬ、カエルくん.JPG

 

 

世羅の大自然の中、稲刈り体験を満喫した1日でした。

とんぼと田んぼ.JPG

 

 

帰りに見かけた看板。一瞬、ししどじょう(宍戸錠)かと思った。
クリックで拡大。

すしどじょう.JPG

2009年09月21日

特集1 室外機




世間はシルバーウィーク、まっただ中。

ETC割引の効果で、車で近場に出かけるという人が多いということですが、尾道にもたくさんの方が観光に来られていますね。

気持ちのよい気候になって、外を出歩くのも、家にいるのもずいぶんと過ごしやすくなりました。エアコンを使っているという人も減ってきたかもしれません。夏の間はずいぶんとお世話になったエアコンですが、エアコンとは切っても切れないのが室外機。この夏、ふとしたときから室外機というものが気になりはじめ、グッときた室外機を見つける度に写真に撮っていました。
シルバーウィークの連休特集ということで、撮りためた室外機を一挙公開します。

室外機は、その名前のとおり、当然、室内機とセットです。
一体型のものもありますが、振動や騒音があるので、なるべく遠くに置きたいということで、分離されて室外機というスタイルになったそうです。

とはいえ、エネルギー効率をよくするためには、なるべく近いところにあったほうがいいので、置き場にいろいろと工夫が凝らされるようになります。

新しい住宅やビルなどは、エアコンを設置するのが前提なので、室外機の置き場所を最初から考えてつくってあるようですが、尾道は、古い家が多い。設置のための苦労や工夫がなかなか興味深いのです。

まずは、これ。


一体型.jpg
一体型の古いタイプのエアコンです。
壁に穴を開けたのか、窓をつぶしてはめたのでしょうか。

次はこれ。

ドイツ壁の上に.jpg

2階と1階の境の段差を工夫して設置。
下のドイツ壁がなかなかです。

2階窓の外側にあるちょっとしたスペースに。
2階窓の手すりに.jpg


新しいタイプの室外機。
コンパクトなので取り付けも楽そう。
比較的コンパクト.jpg


こちらも2階。古いタイプの室外機。
製品ではなく手作りっぽい屋根つき。
手作りの屋根.jpg



堅牢そうな枠とともに。
これも古い大きなタイプの室外機。
堅牢な枠とともに.jpg



種類の違う3台が並んで。

3台それぞれ.jpg


ここも違うのが3台。

ここも違う3台.jpg


こちらは同型のものが3台

同型が3台.jpg


これは大型の室外機。店内業務用?
サビが年期を感じさせる。
大型の業務用?.jpg


ぽつんと屋根の上に。

屋根の上に.jpg



写真では分かりにくいけど、かなり高いところ
けっこう高いところ.jpg


お店の玄関先に。
これなら営業中かすぐ分かる。
お店の玄関先.jpg


ここもお店だったような。
お店の玄関先2.jpg



これは古いタイプ。
子どもにでも触られたか。
子どもが触ったか.jpg


ここは5台の室外機。
目隠しと風よけつき。

5台の室外機.jpg


道路沿いのせいか、保護用の枠と
自作の屋根つき。
自作屋根か.jpg


商店街のショーケースの下にも
ショーケースの下には.jpg


猫がたくさん住んでいるのか。
猫よけも.jpg


これも自作の屋根。飛ばないように工夫。

これも自作屋根.jpg


エアコン用雨よけの上にさらに。
これも猫よけか。
これも猫よけか.jpg


最初は風呂ブタを干しているのかと思った。
たぶん、雨よけの工夫。
このアイデアには感心.jpg


一番のお気に入り。明らかに見た目を意識。
左右対称がビルの意匠にもマッチしている。
左右対称.jpg

この他にもいろいろとありましたが、主なものを紹介しました。
室外機の置き方には知恵と工夫が一杯です。古い町並みや家ならではの工夫もありました。
みなさんも、よかったら室外機をちょっと気にかけてみませんか?気になり出すと、そればかり目に付くようになりますよ。