« 尾道の憧れの女性 | TOP | 1000円で尾道散策 »

本の中の味

こんにちは  (⌒∇⌒)ノ"
大淵法子です

 

 

 

本・物語の中にでてくる、食べ物・舞台となっている場所の実在する銘菓などが妙に心に残ることってありませんか?

私は色々残っていています

 

 


特に子供の頃はたくさんありました
どんな味なのか想像もできなかったからでしょうか  ( *´艸`)

 

 


虎のバターのパンケーキやぐりとぐらのシリーズ・王様シリーズなどなど

 

 


そういえば、ヘンゼルとグレーテルのお菓子の家は、自分ならどんなお菓子で作ってほしいかを妹と話し合ったものです(笑)

 

 

 
数年前にこの本↓

 

 

 

DSC_3315

 

 


『絵本からうまれたおいしいレシピ』
を見つけたときは即レジに持っていきました  ( *´艸`)

 

 


「 ももたろうのきびだんご 」から「 ぐりとぐらのカステラ 」「 長靴下のピッピのジンジャークッキー 」「 小さなスプーンおばさんのコケモモジャム 」「 ハイジの白パン・黒パン 」などなど、聞くだけでワクワクするものが載っています
( レシピは絵本からだけじゃなく小説のもあります )

 

 


レシピを見ていると、本を読んだときのわくわく感も思いだし、もう一度読み返したくなります

 

 


小説やエッセーに出てくるものには実在する銘菓も多く
大人になるにつれ、それらを実際に食べる機会にめぐまれることも  ゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚
それは今日のユウガッタレディオのブログで!

カレンダー

2019年07月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

最新のコメント

最新のトラックバック