« もう? | TOP | 今日からCSチケット予約スタート »

暮らしの知恵を知る

こんにちは  (*・∀・*)ノ
大淵法子です。


新しいことを始めたりデトックスをするといいと言われる新月の昨日、啓文社BOOK PLUS 緑町店の学習塾スペースで行われたオトナのための塾

 

「豊かに暮らすハーブ講座」

 

に参加してきました。

 

 

received_1469561566470396

 

 

講師は宮澤知子さん( アロマセラピスト・アロマコーディネーターインストラクターetc…)

 

 

DSC_3497

 


ハイビスカス&ローズ、ウスベニアオイ、ネトル、タンポポの根それぞれのハーブティー(つまり計4杯も☆)をいただきながら

 

まずは、ハーブや野菜について、一物全体、身体は食べたものでしかできていない=台所は薬局といった、身近にあるものや食べ物で体調を整える暮らしの知恵のお話しを伺いました。


体調不良の原因は食べた物の種類や量によることも多いという言葉にとても納得(;´Д`)´д`);´Д`)´д`)ウンウン

 


また身近にある野菜や植物の薬効を知っているということは、災害時など薬が手に入らない時にも役立つともおっしゃっていました。これはぜひ知っておきたい☆

はるか昔の治療師さんはまさにそうやって病気や怪我の治療をしていたんですよね゚+。:.゚(*゚Д゚*)゚.:。+゚

 

 

 

ハーブティーをいただきながらの講座だったのですが、実は私はハーブティーがちょっと苦手(^。^;)
でもこの日のハーブティーは素直においしいと思って飲めました。

 


なぜだろう?どこが違うんだろう?と思って伺ってみると、乾燥させたハーブも酸化するので時間が経つと味が変わるそう。乾燥ハーブは2週間程度で使いきられているとかΣ(・ω・ノ)ノ

 

今までハーブは調味料というイメージが強く、特に乾燥ハーブの新鮮さなんて考えたことありませんでした。
でも食べ物なんですよね。

新鮮だと味が全く違う!これも新しい発見でした。

 

 

さらに、山口県油谷島の天日塩〝百姓の塩〟とお好みの乾燥ハーブをブレンドするハーブソルトづくりも体験♪

 

 

DSC_3498

 


混ぜる乾燥ハーブは4種類。
全部でもいいし、好きなのだけでもいい。混ぜる量によっても香りが変わる。
参加者それぞれ全く違う配合・香りのハーブソルトができあがりました。

 

 

DSC_3500

 


料理に使ってみるのが楽しみ~♪

 


シリーズ累計90万部を突破した『ベニシアのハーブ便り』の著者ベニシア・スタンリー・スミスさんのレシピを使った
「豊かに暮らすハーブ講座」


次回開催もあるそうなので、また新しい発見ができそうです。

カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

最新のコメント

最新のトラックバック