« ご褒美に | TOP | ホットして!Good »

第3回いんのしまサマーフェスティバル

in 石田造船・・・楽しかった♪

のりちゃんです。

 

世界で唯一、造船所のドックで行われるサマーフェスティバル。

2つあるドックのうちの一方を、フェスティバルのために6月20日から休ませ、ステージやテントなどの準備を開始。

ステージは、大人数のダンスや太鼓やブラスバンドの出演にも耐えられるよう、鉄骨を組んで溶接した基礎の上に、継ぎ目が分からないほど丁寧に木の床が張られました。

トイレは仮設ではなく、この日のために新たに、ウォシュレット付きのトイレを複数増設し、身障者用のトイレもこの日に合わせて完成。

本来スロープになっていて、中央に大きな溝があるドックですが、その溝もきちんと塞いで埋めてありました。

物販コーナーも、スロープの上に綿密に計算された台が組まれ、水平な場所が完成。

観客席の後方には、エアコン完備の救護室を造って、具合の悪くなった人の為に、医療関係の方々が待機します。

 

ボランティアの人数はおよそ200人。

 

みんなの願いが天に届いたのか、台風5号もどこへやら・・・

当日はピーカンのお天気でした。

 

朝は、安全祈願の神事を、会場の複数箇所で行い、ステージでは、巫女舞いも行われました。

そして、5人の巫女たちによるくす玉開扉。

 

20604502_1671868599557838_5634106732836204179_n

 

第1部は、子ども達の太鼓やダンス、ブラスバンドの演奏。

合間には、三原出身のトライアスリート・福元哲郎さんのトークもあり、第2部はプロのミュージシャンやミュージカルのステージや水軍絵巻など。

バラエティ豊かで充実した内容でした。

 

20638246_1672942902783741_7840839230273466274_n

 

20621945_1672942932783738_3197459280834550307_n

 

 

「どうやったらみんなが喜んでくれるかのぉ?」

 

アイデアが出ると、

 

「うん!それやろう!」と、本当に実行してしまう。

 

実行委員長(石田造船社長)の心意気。。。

 

村上水軍の「小早」の乗船体験コーナーも大人気でした。

 

美しくペイントされた小早が、クレーンでつり上げられ宙を舞う場面は、造船所ならではの演出でした。

 

ドックの外に延びた桟橋から打ち上げられた花火は大迫力。

 

20729474_1672942866117078_7917974392023360160_n

 

会場を訪れた人は、のべ何人ぐらいだったのでしょう?

フィナーレの花火が始まる頃には、会場だけでなく、周辺の海岸沿いにも人があふれました。

 

フェスティバルの翌日からまた10日掛けて、造船所の皆さんによってステージが撤去されるそうです。

 

炎天下で駐車場の整理や看板の設置を行った人も、飲食や物販担当だった人も、本当に暑い中、お疲れ様でした。

 

 

全てが常識外れのフェスティバル♪

 

なのに・・・なのに・・・

 

なんと、入場は無料!!???

 

来年も絶対に行きたい♪

 

いや、参加したい♪ 開催して欲しい♪ (^^)

 

 

今日も番組を聴いて下さってありがとうございました。

来週のテーマは、「お盆休み」です。今年のお盆休み、あなたはどこでどんな風に過ごしていますか?もちろんいつものように、テーマ以外の内容も大歓迎です。こちらから潮風スタジオ794月曜日宛てにどんどん送ってね♪

カレンダー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ

最新のコメント

最新のトラックバック