« 桜土手の桜 | TOP | としょかんこどもフェス »

ボランティア

熊本地震の本震からちょうど一年を迎えた益城町へ行って来ました、のりちゃんです。

 

尾道のてっぱん料理クラブさんと、池永憲彦さん率いる東京のNPO法人「HJP」と、尾道の仲間が、熊本在住のメンバーと合流して、お好み焼きや気仙沼から取り寄せたフカヒレの雑炊、瀬戸田レモンのレモネードやレモンケーキなどを持って行って、益城町の人に喜んでいただく、という企画。そこに私も連れて行ってもらいました。私はお好み焼きの係。(^^)

 

17991958_1452884888122878_4444689814407025130_n

 

いろんな方々の寄付や応援のおかげで、歌のステージや、子ども達の宝探しゲーム、お花のプレゼントなど、盛りだくさんの内容になりました。来られた方は「え?お金いらないんですか?」と、少し戸惑いながらも喜んでくれました。

 

お天気は信じられないほどの快晴。お好み焼きを焼く人は終始汗だく・・・。ぐんぐん気温が上がる中、それでも焼き上がりを待つ人の列は途絶えることなく最後まで賑わいました。

 

18010699_1452884724789561_7542158903913337559_n

 

17861437_1452884594789574_2344053182638191629_n

 

フィナーレでは、復興への願いを込めて、みんなで色とりどりの風船300個を空に放ち、記念撮影。

 

18010211_1452884678122899_2690616613110955303_n

 

会場になったこの特別養護老人施設は、建物が一部、崩れたところもありましたが、ほぼ無事。大地震の発生当時は、地域の人に避難所として解放されました。

 

施設の方からは、「この一年、全国から多くの支援をいただきました。そのお返しができるようにと、このたび特別支援チームを結成しました。次に何かあったときには、すぐに私たちが皆さんの所に駆けつけます!」との力強い言葉がありました。

 

18010030_1452884634789570_3180261329872990171_n

 

建物が取り壊された跡には、仮設の市場なども造られています。

 

倒壊した建物を直したり、生活の援助などはなかなか出来ないけど、こうして出来ることを持ち寄って、一日笑顔で過ごしてもらいたいな・・・

 

日帰りの弾丸ツアーは確かに疲れたけど、地元の方とお話しができたこと、子ども達の喜ぶ姿を見ることができたこと、そのお手伝いが私にもできたことが嬉しかったです。

 

17861898_1452884818122885_3687308005735380926_n

 

お土産を買って帰ることも経済的支援のひとつ。

 

美味しかった♪(^^)

次回も必ず参加させてもらいますね!!

 

 

今日も番組を聴いて下さってありがとうございました。

来週のテーマは、「祭りのあと」です。22・23の二日間は尾道みなと祭り。参加した人もしなかった人も、みなと祭の思い出など、ぜひ教えて下さい。もちろんいつものように、テーマ以外の内容も大歓迎です。こちらから潮風スタジオ794月曜日宛てにどんどん送ってね♪

カレンダー

2018年07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

最新のコメント

最新のトラックバック