« いんのしまサマーフェスティバル | TOP | 猛暑 »

19-nineteen-⑧

商品券ゲットのために3時間並んだジョニーです

毎月第1週目は19歳の頃を振り返るシリーズ「19」じゃ

いまのところ沖縄でのとりとめのない日々を
とりとめなく紹介しとります
今回から後半に突入ーっ

バックナンバーはここ→1回目2回目3回目4回目5回目6回目 7回目



打ち上げ花火は夏の風物詩じゃけど
わいが働いとった沖縄のリゾートホテルでも
打ち上げ花火をやったことがあったんじゃ

そんなに大規模な”花火大会”っちゅうカンジじゃ無ぁけど
やっぱリゾートホテルのビーチじゃけぇ
それなりの雰囲気があってえかった

打ち上げ場所も近いけぇ
真上に上がっていく感じで
なんと花火の燃えカス(残骸)みたいなんが
パラパラ落ちてくるんじゃ

これも初めての経験じゃった

夏休みに入ってきたら
お客さんもスタッフも学生が増えてくるんじゃ
関西から帰国子女の女子大生がきたりして
もうバイトの中じゃあアイドル的存在じゃったで

わいはこの頃からぶち貯金を始めたんじゃ
目標は毎月10万円貯金

前にも説明したけど時給500円じゃけぇ
ようがんばって月に12万円くらいの収入なんじゃ
食費やなんかの生活費が最低1万5千円くらいかかるけぇ
ぎりぎりじゃ

みんなで遊びに行くときも千円だけ持ってって
その範囲内で・・・ってカンジ

貯金はバイクを買うために始めたんじゃけど
(そういやぁ最初の就職先を辞める理由は

バイクで日本一周をするためじゃった)

だれにもその話はせんかったけぇ

バイトの先輩たちは
「こいつは借金かなんかで金に困ってるんだろう・・」
などと思われとったみたいじゃ

どうりでおごってくれる先輩がいた

しばらくして貯金してることがわかったら
「かわいそうにと思っておごってやってたのに・・・」

とだいぶ責められてしもうた

他の先輩からは
「オレに返さんでもいいから
後輩が出来たらそいつに同じようにしてやれ」と言われた

この先輩からは仕事以外のことでいろいろ教わったんじゃけど
これがいちばんよぅ覚えとるのぉ

当時はスタッフの中でも一番若かったんもあるんじゃけど
みんなこのわいをよぅ受け入れてくれたし
良くしてくれたのぉ

みんな今でも元気かのぉ

カレンダー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

最新のコメント

最新のトラックバック