« 地図の読めない女? | TOP | 夏に向かって! »

19-nineteen-⑥

髪の毛の90%を切ったジョニーです

毎月第1週目は19歳の頃を振り返るシリーズ「19」じゃ

もう6回目になりゃんした

バックナンバーはここ→ 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目

すっかり沖縄から離れとったけど
沖縄篇の再開じゃ


沖縄のリゾートホテルでのバイト

夏の陽ざしを反射する白い砂浜と
おもわず口に運びたくなる
ソーダ水のような海が

”あたりまえ”に感じられるようになった頃


すっかり肌も焦げてしもぅて
いろんな仕事を経験するようになった


敷地内にはプールが2か所にあって
そこの監視や掃除をするんも仕事じゃ


プール掃除にちょっと面白い仕事があって

その名も「スイトール」ちゅう
プール用の掃除機があった


業務用の掃除機が水に浮くようになっとって
プールの底にある砂やゴミなんかを
水ごと吸い込むんじゃ

ほいでネットでろ過して
ゴミだけがネット内に残るっちゅう仕掛け


本気でやる時は
ゴーグルとスノーケルをつけて
もぐったりしながらやるんじゃ


たまーにお客さんの子どもが
おもしろがってつて来たりしての


掃除っちゅうたら
ビーチの掃除も日課じゃ


ビーチ営業が終了したら
ゴミ袋持って砂浜に放置されたビンや缶
それに煙草の吸殻を拾うて歩く


レンタルしたデッキチェアなんかも
放置されとることがある
(原則は返却に持って来てもらうんじゃが)


その頃は「常識ねぇなぁ」とハラが立っとった


高いお金を払ってるお客さんであっても
常識やルールはキッチリ守ってもらうもの


そういう感覚があったのぉ


今じゃったら
そのくらいの融通はきかせてもええかのぉと思うし

ワガママといやあワガママじゃけど
そのワガママを聞くのが仕事なんじゃと思えばのぉ


どうなんじゃろね

今更じゃけど
あの頃気付きゃあえかった

カレンダー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

最新のコメント

最新のトラックバック