« あっという間のGW・・・ | TOP | ゴールデンウィークの尾道 »

19-nineteen- ⑤

ジョニーが毎月第1週目にお届けする
19歳を振り返るシリーズ「19」の5回目じゃ

今回も前回に続いて東京編じゃ

ちなみにバックナンバーはこっち→ 1回目 2回目 3回目 4回目


ぼちぼち五月病の時期じゃのぉ

前回書いた最初の就職先は
3か月足らずで辞めたけぇ
まさに五月病的な辞め方かもしれんのぉ

今から考えたら軟弱じゃったとしか言いようがないんじゃけど

まぁそれが沖縄に行くきっかけにもなったわけじゃし
浮き草生活のスタートじゃった

辞めることのきっかけは
しょーもないことなんじゃけど よう覚えとる

あの日わいは仕事が休みで
のちに一緒に沖縄に行くことになるAが
調子が悪いけぇ病院に行ってから仕事に行くっちゅうんで
病院についていくことにした

Aは「古傷がどーたらこーたら」と
大ごとのように言ょうたけど
診察時間わずか5秒で終わったんじゃ

で そのあまりのあっさり加減に
Aもすぐに仕事行くんもカッコワリィと・・・
時間つぶそうっちゅうことで
ファストフード店に寄った
サンシャイン通りにある森永ラブじゃった
当時「ティラミス」が最新スイーツとして注目を集めとって
「ティラミスシェイク」もあったんじゃけど
Aはコーヒーシェイクを わいはバナナシェイクをオーダー
太めのストローでチューチュー吸いながら
窓の外の空を見上げたら今日みたいな青空で

なーんか今の仕事や生活がいやになった

で「辞めようや」っちゅう乱暴な結論を導き出した

その日一日は遊び倒して
お互い翌日に上司に退職を報告することにした

今から考えたら「アホか」としか言いようがなぁの

翌日Aは辞めることになった
わいも辞めることを売り場の主任に言って
さらにその夜 店長に呼ばれて話すことに
辞める理由もたいして無かったんじゃけど
何か言わにゃあいけんかったけぇ
「バイクで日本一周したいんで辞めます」を言い通したら
店長がぶちギレてその日の話は終わった

それからしばらくいろんな人から説得されたんじゃけど
一緒に辞めると決めたAが辞めた以上
わいだけが「やっぱり続けることにした」なんてことは出来ん
結局 次の締日で辞めることに決まったんじゃ

それまでに上司や先輩といろいろ話すことが出来て
グッと距離が縮まった気がしたし
辞めると思ったら肩の力が抜けたせいか
仕事もちーと楽しめるようになってきた

皮肉なもんじゃ

で 辞めた後にホンマにバイクで日本一周するわけもなく
たちまちは都内で次の仕事を探しょうた

都内は仕事は多いんじゃけど家賃が高い
家賃の安いとこは仕事が近くに無い・・・・

なんせ上京してまだ3か月足らずじゃ
どーにも八方ふさがりになりつつあったときに
雑誌で小笠原諸島で生活する人の記事を見た
「なんか南の島ってええのー」とぼんやり思った時に
アルバイト雑誌で沖縄のリゾートホテルのバイト募集を見つけて

「もう これしか無かろう」となったのでした



五月病にはくれぐれもご注意を

カレンダー

2019年06月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

最新のコメント

最新のトラックバック