« すぐに去る?・・・3月 | TOP | おサルさん(^o^) »

19-nineteen- ③

ジョニーが毎月第1週目にお届けする
19歳を振り返る嬉し恥ずかし企画「19」の3回目じゃ
今回は「思い出は音楽と共に」
そういうことってあるよのぉ?


ちなみに過去分はここじゃ→ 1回目 2回目



沖縄のバイトは
ビーチやプールでの仕事がメインじゃけど
「遊覧車」っちゅうて
お客さんを送迎する車の運転の仕事があるんじゃ


トランシーバーを持って車に乗っとって
ゲートとかホテルの正面玄関とかビーチとか
呼び出しがありゃあ駆け付けるっちゅうぶに


敷地内じゃけぇゆっくり走りゃええし
結構楽しい仕事じゃ
たまにチップをくれることもある
おまけにクーラーもあってラジオも聴けるしのぉ


ある時 カーラジオをつけたら
槇原敬之さんの「どんなときも。」がかかっとった


当時公開されとった映画「就職戦線異状なし」の主題歌じゃった

“空前の売り手市場”と言われた
バブル期の就職活動(大学生の)を描いた作品で
(公開時にはすでにバブル崩壊)


映画はどうかわからんけどこの曲はヒットした
槇原敬之さんもこの曲でブレイクしたんじゃなかろうか


沖縄でもその映画が公開されとって
それでDJが選曲したみたいじゃ


客待ちの車ん中で一人で
「どんなときも。」を聴きょうたら


わいもその売り手市場の状況で就職して(高卒じゃが)
上京したんじゃけど

あっちゅうまに辞めてしもうて

今は沖縄でバイト


そーいやー進路指導の面談で
「東大に入るかフリーターになるわ」って
先生に言ぅたのぉ・・・


まー東大は絶対に無理じゃけぇ
はじめっから冗談じゃったけど
ホンマにフリーターになったのぉ
ある意味“有言実行”か・・・・へへ


秋まではここにおるんじゃろうけど
その先は決まっとらんし
どうするかのぉ・・・


とか
いろいろ考えたのぉや


まー その後も長いこと
浮き草生活が続くんじゃけどのぉ

じゃけぇ今でも
「どんなときも。」を聴くたんびに
あの19の夏を思い出すんじゃ

カレンダー

2018年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

最新のコメント

最新のトラックバック