« ここ最近の初食べ | TOP | 「またね。」 »

主役・脇役

今日は朝からずっと雨ですねえ。ハッピーゴーラッキーのてんこです。みなさんお元気ですか?

 

私は、中学校、高校と、演劇部に入っていて、卒業してからも地元の芝居好きの仲間達と演劇サークルを作ってお芝居をやってたの。 根っからの芝居好きなんだよね。シェイクスピアから、時代劇、オリジナル、翻訳もの、ミュージカル・・・ などなど一貫性のない様々なジャンルのお芝居をしてきたんだけど、そんな中で、私は今まで 「主役」というものを演じたことがないの。「ロミオとジュリエット」をしたときには、もちろん「ジュリエット」じゃなくて、 「ジュリエットの母」。ミヒャエル・エンデの「モモ」をやったときには「モモの友達の男の子」。中には、主役のおばあちゃん、 っていうのもあったなあ。つまりいつも、脇役ってやつなのよね。でも、男の子や、芸者さん、 みたいな自分のこの人生では経験できない役を演じるのはすごく楽しいし、ワクワクするのよね。他の人の人生を生きられるって、すごく楽しい。 「たまには主役をやりたーい」と思うこともあったけど、実際のところ、「主役」を演じるのもいいけど、 個性的な脇役を演じるのが私は好きだわー。これは、私の人生でも同じかも。と、こんな事を感じた今日でした。

カレンダー

2019年03月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ

最新のコメント

最新のトラックバック