« 尾道 新春の風物詩 | TOP | 2007年初登場!! »

広がる世界と、狭まる世界

ジョニーです。

今日、自転車に乗って駅前を通ったら

ジャージやスエット姿の若い女の子達に

「なんじゃあ、あの人!」

「お疲れっス!」などと声をかけられました。

僕は好意的に捉えることが出来ず、スルーしました。

どうやら髪型が気になったようですが、

もっと上手にコミュニケーションがとれたらいいなと思いました。

 

おそらくこのブログを読んでいる皆さんは

インターネット経験者だと思いますが、

このインターネットですごく世界が広がりましたよね。

まさに世界とつながっているわけですから、

しかもほとんど時差がない状態です。

ライブカメラなどで世界の今の様子を見ることができるし、

ものを買うにも、部屋にいながらにして何店ものお店をまわり

いろいろ品定めしたあげく、何も買わなくても

誰にも気を使わずに済みます。

Oh~ 僕みたいな小心者にはピッタリです。

 

しかし逆にインターネットによって狭まる世界もあります。

お店の話だと、たとえば同じ町に住んでいながら

入ったことの無いお店が結構あったりします。

それで特に困ることもないのですが、

よそから来た人に、地元のことについて

説明できないことが多くなります。

これはあまりよくないことですねぇ・・・・

 

それから僕なんて昔から

ちょっとみんなと趣味が合わないことがありました

だからといって、独りぼっちになるのはイヤなので

趣味や考えが多少違っても、みんなとうまくやろうとしてきました。

まぁ、おかげで好き嫌いにかかわらず、いろいろ体験できました。

今なら、そんな面倒なことをしなくてもインターネットの中で

いくらでも同じ趣味の人をサササッと見つけられます。

でも、ここまで恵まれすぎると、

同じ趣味の人とだけつきあうようになり

なんか世界が狭くなりそうな気がします。

「ひきこもり」が問題になっていますが、

「ひきこもっても生きていける世界」が出来ているような

そんな気がします。

 

面倒とか無駄とか思われていることが、

結構、人生をバラエティー豊かなものにしているのかな?

そんなふうに最近思います。

 

 スリッパ

スリッパを買いました

 

カレンダー

2020年02月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

アーカイブ

最新のコメント

最新のトラックバック