パーソナリティ てんこ

« ご褒美は嬉し☆ | TOP | 恋のおまじない »

浴衣、そしてうちの母

てんこです。みなさん、お元気ですか?今日もいい天気で気持ちいいね。

 

今週土曜日は、尾道の夏祭りのトップバッター、その夏の浴衣の着始めと言われる「山王祭」、通称「ゆかた祭り」が開催されます。私も、 毎年参加してるよー。時には福引き大会の司会をしたり、猿のかぶり物をかぶって、下駄を売ったり、お手伝いしてます。ウッキー。

 

「ゆかた祭り」というだけあって、浴衣を着て参加するといろいろ特典もあるので、お祭りには沢山の人が浴衣を着て参加してます。まだ、 ちょっと肌寒いけど、浴衣は情緒があっていいよね。もちろん我が家も、毎年親子で浴衣を着て行くの。先日もこのブログに書いたけど、 娘のコテンコがどんどん大きくなって、去年までの浴衣が合わなくなったので、今年は、とっても可愛い浴衣を新調したよ。♪

と、いっても、スポンサーはうちの母。孫のためならエンヤコラよね♪ヘヘッ、ありがとね。といわけで、 コテンコとうちの母と私と3人で浴衣を見に行ったの。ラブリーな浴衣が沢山あって目移りしちゃーう。でも、コテンコは私と違って「これっ」 って、何でもすぐに選ぶたちなので、(レストランでメニューを決めるときも、すぐにコレッ!って決めるんだよね。私はとことん悩むたち。 親子でも違うわねえ)そこでも、すぐに可愛い花柄の浴衣を選んで、「これっ」って決めたの。最近浴衣は、下駄と帯とセットで3000円、 みたいな安いのがたくさんあるんだよねー。で、母が店員の男性に「これをお願いします。」って出したんだけど、うちの母は、ここからが長い。 その若い男性の店員に「いやー、あたしゃあ、岡山の田舎から出てきたんですわ。孫が大きゅうなって、浴衣を買いに来たんじゃけど、まあ、 こういうときはあたしがお金を出すんですわ。ばあさんが必要なんわ、こういうときだけですわ。わはは!」と、 ひたすらどうでもいい話しが延々と続くのよ。「今度わたしゃあ、町内の旅行に行くんですわ。じゃけえ、ゆかた祭りの時にゃあ、 ちょうどこれんのじゃけど、この人(私、てんこのこと)は、上手に浴衣を着せれんけえ、心配なんじゃけど、 まあお隣さんの所に行って着せてもらやあええな。」とか、私のダメダメ振りまで披露しちゃったりする。若い店員は、浴衣を買って貰ったから、 おしゃべりなばあさんといえども、むげにすることも出来ず、うすい笑いで「ハハハ・・・・」とひたすらうちの母の、 どうでもいい話につきあってくれた。この後も延々「自分の趣味が洋裁であること」や、「岡山のどこに住んでいるか」「孫がいかに賢くて、娘 (私)がいかにダメダメか」などについて、話しは無限に続いていったのでした。母よ、貴方は大物です。これからも、 その勢いで突き進んでください。フー。

カレンダー

2019年05月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

最新のコメント

最新のトラックバック