パーソナリティ てんこ

« なつかしい想い出 | TOP | 市長室訪問 »

なつかしい思い出 続き

てんこです。皆さん、風邪などひいていませんか?なんだか一日一日が過ぎていくのが早いですね~。あーあせるよ。

 

さあ、いよいよクリスマスだあ。今日も新聞折り込みに「自分へのごほうびにどうですか?」っていう見出しで、 宝石や洋服のチラシがたくさん入ってたわ。

このブログに何度も書いてるけど、今年のクリスマスも我が家にサンタクロークが来てくれる予定なので、 そろそろサンタさんへのプレゼントや、(コテンコが毎年渡してるの)サンタさんに出す飲み物、お菓子なんかを用意しておかなくっちゃ。

きのうのブログでは、私の子どもの頃のクリスマス会の話を少し書いたんだけど、 私の子供の頃はバタークリームのクリスマスケーキがすごく楽しみだった、ってことを書きながら、コテンコは、 というか今の子供はかなり贅沢をしてるよねーってあらためて思ったわ。こんな事を書くと「てんこばあちゃーん」って感じで、 まるで昔を懐かしんでるみたいだけど、イヤ、ホントに、私の子どもの頃のクリスマスプレゼントといえば、 せいぜい文房具くらいが関の山だったねえ~。私の母親は「ハー?クリスマスー?そんなん関係ねえーでー。サンタクロース? そんなんおるわけ無かろう。」というような親だったので、特にしゃれた演出もなく、チキンが食卓に上ることもなく、 クリスマスの夜も普通にちゃぶ台を囲んでほうれん草のおひたしや白菜の漬け物を食べてたよ。トホホ。でも、クリスマスケーキは登場してた。 というのも、私の同級生のマサコちゃんが駅前でお土産物屋さんをしていて、 毎年クリスマスにはお店でクリスマスのデコレーションケーキを売ってたの。で、 クリスマスに売れ残ったケーキを26日に半額くらいで売ってくれるので、毎年、その26日を楽しみに待って、 クリスマスはケーキはお預けにしてた。子供心に「マサコちゃんのお店のケーキが売れ残りますようにー」って願ってたよ。それも例の、 バタークリームベタベタのやつだけど、嬉しくて、大喜びで食べてた記憶がある。コテンコは、 いつでもふわふわの美味しいケーキが食べられるけど、私が子供の時はケーキは特別なときにしか食べられないものだったなあー。 そんなことを思う今年のクリスマスでありました。「オールウェイズ 3丁目の夕日」みたいだね。

 

 

カレンダー

2018年09月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

最新のコメント

最新のトラックバック