パーソナリティ てんこ

« ふるさと祭り | TOP | 夏休みの宿題 »

我が家のお客様

今日も暑いですねー。皆さん元気ですか?

 

このブログにも書いたことがあるんだけど、我が家には、虫とか、ネズミとか、はたまたヘビとか、いろんなものがやってくる。別に、 両手を広げて「ようこそ!」って歓迎してるわけではないんだけど、勝手にやってくるのよ。カブトムシが入ってきたときには、 娘のコテンコが喜んでたけどね。そんな我が家に昨夜はバッタが入ってきた。私もコテンコもバッタが苦手なもんだから、 なんとか出て行っていただこうと二人であれやこれや考え、私が火箸ではさんで外に出す、という作戦をすることになったの。で、 私がそっと近づくと、そのバッタは思いの外、ものすごいジャンプ力をもつ最強のバッタで、私の怪しい行動を察知したのか、いきなり 「ぴょ~~ん!!」と大きくジャンプし、こともあろうに私の頭の上にのっかったのよ!!オーマイガーット! 遠巻きに見ていたコテンコは予期せぬこの悲劇的な状況に驚き、「か、かあさん!大丈夫?!」と叫んだ。(でも、 コテンコは戸を閉めて顔だけ出している状態。こてんこ、ひどいわ。)私はと言えば、頭にバッタをのせ、手には火箸を持ち、 右足を一歩踏み出した状態で止まっていた。「コ、コテンコ・・・わらひはどうなるの・・・?」「かあさ~ん!」と、しばし、 親子で時間が止まった。すると、私の頭の上のバッタは移動を始め、だんだん頭の上から私の額の辺に近づいてきたのよ。「コ、コテンコ~、た、 たしゅけて~」と情けなくつぶやいてみたが、「かあさ~ん」とかいいながら、やはり戸の向こうから出てこない。あ~コテンコ、 母さんを見捨てるのかあ。上目で見ると、私の視界の中にバッタが見えてきた。もうだめだー!と思い、思い切って頭をぶるんぶるんとふって、 じたばた暴れると、バッタはまたものすごいジャンプ力で、「ぴょーーーん」ととび、今度は布団の上に乗っかった。この後も、 バッタと格闘しながらなんと、1時間近くぎゃーぎゃー大騒ぎをしてたんだけど、なんとか外に出ていただくことができた。アー疲れた。 バッタはこんなアホな親子のことをどう思ってるかしら。そんなこんなで、夜は更けていったのでありました。

カレンダー

2020年01月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

最新のコメント

最新のトラックバック