パーソナリティ てんこ

« くるくる寿司で大騒ぎ | TOP | エフエムおのみち大忘年会! »

ホットサンド

今日も暖かいですね!今日の番組の中でご紹介しましたが、「2007年版 どんぐり工房カレンダー」のプレゼントが出てマース! みんな応募してね。これは、社会福祉法人尾道さつき会が運営する4つの障害者施設を利用している、 様々な障害のある人達が制作したカレンダーで、その季節季節の花や自然が描かれている、あったかーいカレDVC00051DVC00049ンダーで す。表紙は、クレーンのライトアップの写真、そして開くと、その月ごとに可愛い絵と、 それに添えてメッセージも書いてあるの。 今年は卓上カレンダーもセットになっていて、お値段は1000円。 5名の方にプレゼントです!どんどん応募してね。

 


 

この季節になると思い出すのが「ホットサンド」。トーストしてある暖かいサンドイッチなんだけど、 ホットサンドというものの存在を初めて知ったのが小学校4年生の時。私が田舎の岡山の小学校で、猿のように毎日遊びまくっていた頃、 ある日クラスに転校生の女の子がやって来た。その子は東京からお父さんの仕事の都合で転校してきた子で、名前はようこちゃん。 今も鮮明に覚えているんだけど、さらさらの黒髪が肩くらいまであって、ランドセルの色がブルーだった。そのころは「あせもが出るから」 という理由で、母親に後ろ髪を刈り上げにされ、ものすごい髪型になっていた私は、ようこちゃんの、そのさらさらの髪がまぶしかったー。 おまけにランドセルの色が女の子は赤で、男の子は黒、と言うのが定番だった頃、ブルーのランドセルとは! クラス中の田舎の猿軍団は彼女の登場に色めき立った。詳しいいきさつは覚えていないんだけど、 ある日私はようこちゃんの家に一人で遊びに行くことになった。凄くキンチョーして、 母親に持たされたせんべいと羊羹をお土産に彼女の家に向かった。ようこちゃんの家は、とってもおしゃれな洋風の家で、 玄関やキッチンにはかわいいお人形やお花など、素敵なインテリアが飾られていた。そのころ純日本家屋の借家に住んでいた私は、 雑誌から出てきたようなおしゃれな空間に圧倒されっぱなし。「ちびまるこちゃん」 のまるこがはなわ君の家にいったみたいな感じを想像してみて。そこで登場してきたのが「ホットサンド」。ようこちゃんのお母さんが 「おやつにどうぞ」と出してくれたのよ。(お母さんも白いフリフリのエプロンで素敵だったわ)「?!」ホットサンドを初めて見た私は、「こ、 これは、何?」とドキドキした。「てんこちゃんはホットサンド好き?」とお母さんに聞かれても、「・・・・えーっとお、は、はい、すきです・ ・・。」とあやふやに答えるしかない。だってお母様!私はこのようにシャレた食べ物を見たことがないのです!パンといえば、 せいぜいメロンパンくらいしか我が家には登場してきません!ドキドキしながら食べてみると、中にはハムやチーズが入っていて、 チーズがとろーっと溶けていて、すごーく美味しい!「おら、こんなうめえもん、今まで食べたことねえだ!」と「おしん」 のようなセリフを心で叫んだ。今でもその時の美味しさが忘れられない。家に帰ってすぐに母に報告した。「ようこちゃんの家で、 サンドイッチが出たんじゃけど、中にハムやチーズがはいっとって、チーズがトロンとしとって・・・」と一生懸命説明したけど、 同じくホットサンドを知らない母は「はー?食パンにハムのせて焼くくれーしてあげるが」「・・・違う~」と結局通じなかった。大人になって 「ホットサンド」を作る機械を発見し、すぐに買って作って見たけど、あのときの美味しさは再現できない。 ようこちゃんは6年生の終わり頃又転校していって、それっきりだ。いまどうしてるかなあ。またホットサンドを作ってみよっと。

カレンダー

2019年06月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

最新のコメント

最新のトラックバック