番組へのメール 番組へのお問合せ

貫地谷しほりさんら市長表敬

映画「望郷」1.JPG
因島出身の作家・湊かなえさん原作の映画「望郷」の尾道・福山での公開(10月28日)にあわせ、27日 午後、監督の菊池健雄さん、主演の貫地谷しほりさん、大東駿介さん、3人が尾道市役所を訪れ、平谷祐宏市長を表敬訪問しました。
尾道での撮影の感想を訪ねられ、貫地谷さんは「東京生まれなので、白滝山から見た しまなみ海道、瀬戸内の美しさに感動しました」と話し、
大東駿介さんは「尾道、因島の人々との交流は、俳優人生にとって大きな財産になりました」と話しました。
映画「望郷」は因島出身の湊かなえさんの同名短編集の中から、「夢の国」「光の航路」の2篇を映画化してもので、ある島で起こる親子の過去と未来を繋ぐ物語です。今年春、因島、瀬戸田を中心に撮影が行われました。
公開初日の28日(土)には、福山駅前シネマモードでは午後0時30分から、シネマ尾道では午後3時から菊池監督、貫地谷さん、大東さんらが参加して初日舞台挨拶がおこなわれる予定です。

映画「望郷」2.JPG
映画「望郷」3.JPG