番組へのメール 番組へのお問合せ

尾道市議会 新議長に吉田氏

尾道市議会 平成29年 第2回定例会が13日開会し、慣例任期の2年で高本訓司議長、慣例任期1年で山根信行・副議長が辞表願を提出。議長選挙、副議長選挙が行われました。
 
本会議を前に開かれた全員協議会では、議長選に立候補した新田賢慈議員(創生会)、吉田尚徳議員(新和会)、魚谷悟議員(日本共産党)が所信表明演説。午後、開会した本会議の冒頭、議長選挙が行われ、吉田尚徳 議員18票、新田賢慈 議員6票、魚谷悟 議員3票で、吉田尚徳議員が議長に選ばれました。
吉田新議長は「身の引き締まる思い。長い歴史と伝統のある尾道市議会の議長として頑張る所存。皆さん方の協力をお願いしたい」とあいさつ。


(写真:全員協議会で所信表明を行った吉田尚徳 新議長)

続いて、休憩をはさんで副議長選挙が行われ、福原謙二議員(公明党)が副議長に選ばれました。福原新副議長は「名誉ある尾道市議会、副議長の重責を感じている。尾道市民のため、議長のもと、円滑な議会運営をできるよう努力してまいりたい」と挨拶しました。


福原謙二 新副議長