番組へのメール 番組へのお問合せ

第5回尾道マンガ大賞

第5回尾道マンガ大賞展の審査が行われ、入賞作品が決まりました。
尾道マンガ大賞展は、2011年、尾道市立美術館で尾道出身の漫画家・かわぐちかいじさんの個展が開かれたことをきっかけに始まりました。今回は「平和」をテーマに市内在住、通学の小中学生、高校生を対象に募集し、1コマの部には、610人から618点、4コマの部には526人から539点が寄せられました。

尾道市立大学 美術学科教授 野崎眞澄さん、准教授の中村譲さん、日本文学科教授 光原百合さん、講師の藤本真理子さんが1次審査、漫画家のかわぐちかいじさんが最終審査を行い、大賞や優秀賞、奨励賞などを選びました。
1コマの部 大賞の三幸小学校6年、村上葵さん、4コマの部大賞の因島南中学校3年、松本琴葉さんには、副賞として図書カード1万円分が贈られます。

1コマの部 村上 葵さん


4コマの部 松本琴葉さん



入賞作品は今月5日(土)から23日(水)まで、尾道市立美術館の2階ロビーに展示されます。