番組へのメール 番組へのお問合せ

地震.1 「地震への備え」

地震から身を守る最大のポイントは、日頃の備えです。ケガや火災などの二次災害を引き起こさないためにも、いざという時の行動を頭に入れておきましょう。ふだんは安全そうな家でも、地震が起こったらどうなるかと考えると、危険なところがいくつもあります。危険なところを自分たちでチェックしてみて、早く改善しましょう。

 

日頃から心がけておく身の回りの地震対策
○建物の外壁や屋根瓦、塀など崩れる危険がないか確認しておきましょう。
○本棚やロッカーには、軽いものを上に、重いものを下に置く。
○高いところには、テレビなど重いもの、角のとがった物を置かない。
○家具は、転倒防止グッズや金具で壁や柱にしっかりと固定します。

冷蔵庫や食器棚の中にあるものが地震の揺れで飛び出すことがあります。それを防止するストッパーや割れた戸や窓のガラスが飛び散らないようにするシールなども市販されています。各家庭で出来る限りの対策をしておきましょう。

大きな地震が起きた場合、最も怖いものは、二次災害の火災といわれています。日頃から火の元近くには燃えやすいものを置かないように心がけましょう。消火器はすぐに取り出せる場所に置き、定期的に点検をしておいてください。
日頃から、自宅や職場の環境をよく知るように心がけ、避難するときの通路、階段等に大きな荷物や家具など、避難の障害になるものが置かれていないか確認しておきましょう。

 

地震が発生した場合の対処
○地震が起きた場合、まず身の安全を確保して下さい。
○身の安全が確保できたら、声を掛け合って火の元を確認し、すばやく火の始末をしてください。
○戸を開けて出口の確保をしてください。振動でドアが開かなくなることがあります。
○また建物の外に避難する場合は、瓦などの落下物に注意して下さい。飛び出しはケガのもとです。