番組へのメール 番組へのお問合せ

OH!NO!ミッチーの謎

尾道市営バスの車体広告に登場してにわかに注目されているOH!NO!ミッチー。 初めて見たという声も多く聴かれますが、 初登場は6年前、2000年の番組表でした。登場から、 ずいぶんと経っていますがこれまではあまり気に留められることもなくその存在はおろか、実態はあまり分かっていません。 今回はそのエフエムおのみちのマスコット・OH!NO!ミッチーの謎にせまります。

 

OH!NO!ミッチー プロフィール

ミッチー

エフエムおのみちのスタジオに住む妖精。 エフエムおのみちのPRが主な仕事。 ときどき電波にのってエフエムおのみちを受信中のラジオに遊びに出かけることも。

 

体格は2頭身、長い鼻でバランスを取り、4本の足で頭を支えている。 市営バスの車体広告では赤い色をしているため「あれはタコか?」との問い合わせもあったがタコではない。鼻と眉、目がF、 足がM、頭がOではないかという説も。 実際、向って左を向いている姿しか見せないので、今のところこれが最も有力な説である。その体格から一見、 足が遅いように思われるが意外と素早く、千光寺山の玉の岩のように季節や気分、 雰囲気によって色が変わることが分かっている。

 

  

 

 

青色のミッチー

赤色のミッチー

虹色のミッチー
非常に珍しい

 

 

他のイメージキャラクター

 

最初に登場したラジオの形をしたキャラクター。人によって「ラジ蔵」、「ラジ丸」 と様々な名前が使われる。 正式な名称が決まっていないが、これまでのところ「ラジ丸」が有力。現在は 山陽日日新聞に掲載中の番組表に登場。

 

 2002年の送信所移転、出力アップのキャンペーンで登場した「ダンディねこ」。 「ダンディねこ」は主にエフエムおのみちのステッカーなどに使われている。 衣装は黒い帽子に黒いスーツと茶色の帽子に白いスーツの2種類。少し影のあるハードボイルドな雰囲気から「ダンディねこ」 という名前がついた。署名からもわかるように川口協治氏作。